○○茶の日記帳~わがまま 気のまま 茶のジョーク~

アイドルとロックバンドのライブをこよなく愛する茶のブログです。ライブやイベントのレポートが主体なのでリアルタイム更新は殆どありませんが、緩くお付き合いいただけると幸いです。

Flying Trip Vol.16 『あいまいばかりの世界』(初日)@こくみん共済 coop ホール/スペース・ゼロ レポート

この日は仕事上がりに久々の現場へ足を運ぶために都内に行ってきたので、その時のお話です。
大好きだったあの子のアイドルグループ卒業後の初舞台。
コロナ禍の大変な状況ですが、足を運んでよかったと思えた、そんなステージでした。

3月30日に解散したこぶしファクトリー。5人のメンバーがそれぞれの道へと歩き出していました。
あれから2か月余り。はまちゃんこと浜浦彩乃さんが卒業後初となる舞台に出演する事が発表されました。


舞台の上演は6月24日から。その発表が6月5日。稽古は早い段階から行われていたようですが、
こんな状況なので情報解禁が遅くなってしまったのか。割とギリギリの発表に思えましたが仕方ないですね。
こぶしでははまちゃん推しだったので、彼女の解散後初のステージと言うことで顔を出そうと思いました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響でイベントは悉く中止。現場主義であちこち遊びに行ってた自分も、
3月26日の九州女子翼のリリイベ以来ライブ参戦は自粛。最後の現場も3月30日のこぶしファクトリーの解散ライブのLVでした。
あれから約3か月。止まった時計の針を動かし始めようと、腰を上げて観覧に向けて手配を始めました。

舞台は6月24日から30日まで。場所は新宿のこくみん共済 coopホール
座席の最大キャパ584席と割と大きな演劇ホールですが、コロナ禍でソーシャル・ディスタンスを守るために座席は一席ごとに空席にしてキャパを半分にして対応。
f:id:nantokacha:20200625164202j:plain
キャパは半分になったとは言え、割と大きな会場で行われる舞台にはまちゃんが出演するのはさすが元ハロプロと言ったところでしょうか。
コロナの恐怖は終わったわけではありませんが、彼女の晴れ舞台を楽しみに当日を迎えたのでした。

当日は仕事上がり。9時頃には終わってしまったので一旦帰宅。お昼を食べて出直します。
いつもの総武快速で上京して最初に降り立ったのは馬喰町。舞台の開演は19時。帰りが遅くなりそうだったので宿に泊まる事にしました。

馬喰町と言えばいつも定宿にしていた「トレインホステル 北斗星さん。安く泊まれる事もあってお気に入りだったのですが、
新型コロナウイルス感染拡大の影響でしばらくの間臨時休業に追い込まれていました(>_<)

f:id:nantokacha:20200625100548j:plainf:id:nantokacha:20200625100558j:plain
北斗星さんではこの非常事態に営業存続を図るべく「未来の宿泊券」という形で寄付を募っています。
自分もささやかながら寄付をさせてもらいました。この宿が気になるという方、可能でしたら応援してあげてください。

定宿には泊まれなかったのですが、アパホテル「新型コロナウイルスに負けるなキャンペーン」と称し1泊2500円と言う破格で宿を提供(゜o゜)
CM等で気になってたので一度は利用したいなと思って探してみたら、同じ馬喰町にあるアパホテル2500円で宿泊予約できる事が判明。
というわけで今晩の宿はアパホテルになりました(≧▽≦)

f:id:nantokacha:20200625100608j:plainf:id:nantokacha:20200625100618j:plain
元々は平日でも6000円以上するらしいアパホテルに2500円で泊まれるとかめっちゃお得ですね(*´з`)

あ、"相方"を連れてくるのを忘れたのが痛恨の極みでしたがやむなし(^_^;)
f:id:nantokacha:20200625100628j:plain
15時にチェックインしてしばらくゆっくりした後、ボチボチと新宿へ向かいました。

イヤホンが壊れたので購入して、代々木まで歩いて夕飯。この辺では有名だと言うらすたさんに行ってみました。
f:id:nantokacha:20200625100638j:plain
中途半端な時間だったからかお客さんはおらず。ビックリしたけど人気メニューと言うらすた麺を大盛りで注文しました。

f:id:nantokacha:20200625100647j:plainf:id:nantokacha:20200625100657j:plain
まぁいわゆる家系らしいのですが、「地鶏と黒豚のスープ」との事で家系特有の匂いのクセは無く、濃厚と言うよりはサッパリ塩辛めに感じました。
この辺は好みの問題だけど自分的にはまずまず。おいしくいただきました。

お腹も満たされたところで歩いて会場へ。こくみん共済 coopホールに到着。
f:id:nantokacha:20200625100707j:plain
久々に来たら会場名が変わってた。前に来たときは全労済ホールだったw
まぁ会場名の変更と言うよりは全労済の愛称が変わった関係らしいですが。

今回のチケットは10列。一週間前に予約してこの位置ならまずまずじゃないかな。
f:id:nantokacha:20200625100808j:plain
千秋楽はさすがにチケットも残りわずかだったみたいですが、ほかの公演はまだまだ買えるみたい。
ハロプロの舞台だと初日なんかは落選祭りだし、特に娘。の舞台はFC申込の段階でほぼ全公演が完売しちゃうくらいの人気ぶり。
出演者的には結構有名どころらしいので、コロナ禍で「会場に足を運びづらい」状況なのも大きいのでしょう。

コロナ禍での公演参加が初めての体験なので会場の受付などがどのようなシステムなのかよくわかってなかったのですが、
入口で手指を消毒し、チケットは係員に提示し確認してもらった後に入場者自身がもぎって箱に入れるシステム。
そして「入場者確認書」に署名し提出。クラスター発生の時の連絡等に使用されます。
色々と面倒だけど仕方ないですね。今まで通りにスムーズに入場出来る様になる日が早く帰ってきて欲しいと思いました。

ロビーで物販があったので折角だからはまちゃんのクリアファイルと生写真を購入。

f:id:nantokacha:20200625100719j:plainf:id:nantokacha:20200625100728j:plainf:id:nantokacha:20200625100739j:plain
出演者は男性俳優が多いので客層もおのずと女性が多い。混じってた男、特におっさんはほぼほぼはまちゃん目当てのハロヲタでしょうw

事前情報の通り、座席は1席ごとに使用不可になっており、こんな案内が。
f:id:nantokacha:20200625100750j:plain
こんなことせずに一人でも多くの人が入場できるようになるのが望ましいですが、コロナ禍で出来る目一杯の対応でしょう。

舞台は定刻の19時を少し回った頃に開演。
ネタバレ防止のため内容はここでは触れませんが、ヤクザの世界の刹那を描いた作品。
そこに今回の新型コロナウイルスの状況を織り交ぜ、時に風刺で客席を和ませながら展開されていきます。
「ソーシャル・ディスタンス」「濃厚接触」「フェイスガード」「マスク」なんてのはコロナ禍ならではの演出でしょう。

上演時間は2時間弱。舞台としては少し短い気もしますが、これもコロナ禍で許される最大時間なのでしょう。
短編舞台ながらコンパクトな脚本にまとめられていて、ストーリーも素人の自分にもわかりやすい内容で物語がスッと理解できました。

はまちゃん目当ての推し目線での感想としてはなかなかいい役をもらってるなぁという印象。
他の俳優さん達に比べてしまうと声量が少し弱いのが気になったかな。
本業ではないとは言え、ハロプロ時代の経験があるはずなので、そこは負けないで欲しいかなぁと期待を込めて。
今後、舞台俳優としての活路を見出すならば課題になっていくのかなぁと素人ながらに感じました。

終演後のカーテンコールで出演者が一同に会すると、嬉しさのあまり目が輝く人も。
「お客さんの前で演劇を行う」と言う、今までだったら当たり前の姿がコロナウイルスによって制限され、
自宅待機と言う退屈な時間を過ごすだけの日々が続いたもどかしさ。
この大変な状況下で、思い切って観客を入れての演劇。
主演を務めた宇野結也さんの言葉「遂に演劇が息を吹き返す日がきました。」に観客の自分もグッと来ました。

新型コロナウイルスの感染拡大により公演の自粛・中止になって以降、これだけの観客を入れての舞台は今回が初めてだと言う。
緊急事態宣言の解除により、動画配信サービスを利用したライブや演劇などのステージを「配信」で行う動きは徐々に戻りつつあります。
しかしながら現場至上主義の自分にとって、正直、配信でのライブは物足りないんですよね。
立場は違えど、それは出演者の側も同じように感じる部分もあるんじゃないでしょうか。

出演者によってステージから届けられるパフォーマンスに対して、観客が客席からコールや拍手などの「レスポンス」を行う。
それが「ライブ」と言うものであり、音楽であろうが演劇であろうが同じだと思うんですよね。
今まで「当たり前」の様に出来ていた出演者と観客の「キャッチボール」に制限が加えられ、思うように出来なくなってしまった。
こういう事態だから仕方ないけど、どこかやるせないもどかしさ。煮え切れない感情は出演者も同じなはず。

様々な制限が加わり、条件付きで許されている劇場での観覧。
それでも、お客さんの前で直接パフォーマンスができること。この喜びを全身で表現した出演者。
その「当たり前」の事が久しぶりに出来た。その嬉しさに、出演者全員の目は輝いていたように感じました。
客席側にはまだまだ制約が多く、今まで通りに「自由に楽しむ」にはまだまだ時間がかかりそうですが、元の日々を取り戻すための一歩を着実に踏み出した。
それが嬉しかったなぁ。

舞台の内容もよく、何より「生」のステージを見られた嬉しさを感じながら帰路へに着きました。
ホテルに帰って風呂に入ってサッパリしたところで打ち上げ。
f:id:nantokacha:20200625100758j:plain
家で晩酌をしないわけではないですが、こうして飲むのも久々だなぁ。
参加した現場の思い出を振り返りながら飲む酒は格別ですね(≧▽≦)

以上、久々の現場復帰のお話はおしまい。
3か月ぶりの現場は同じく3か月ぶりにステージに立ったあの子の姿を見に行きましたが、元気そうで何より。
舞台は30日まで続くそうです。体調に気を付けて頑張ってほしいものです。

隣の駅までの片道切符を握りしめて千葉県一周の旅に出よう!~大回り乗車の旅~

この日は自分的3連休の最終日でした。
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で緊急事態宣言まで発令され、ようやく感染の拡大が落ち着き、緊急事態宣言解除
しかしながらまだまだ東京を中心とした関東圏では感染が「収束」したわけではなく、様々な制約と向き合いながら日常生活を取り戻そうと呼びかけられた6月。
19日までは「県を跨ぐ移動は極力制限してほしい」との呼びかけもあり、都内をはじめ各地でのイベントやライブもまだまだ再開できる状況ではなく。
いい天気だし、家に籠ってばかりはもう飽きてしまったので久々に「旅」に出る計画を立てました。

「県を跨ぐ移動の制限」という知事の要請を遵守し、考えたのが大回り乗車の旅」
鉄ヲタの間で大回り乗車と呼ばれる鉄道の旅。
これはJRの旅客営業規則をうまく利用した「格安の移動手段」になります。

JR各社の旅客営業規則には以下のような特例があります。

<大都市近郊区間内のみをご利用になる場合の特例>
・図のそれぞれの大都市近郊区間内のみを普通乗車券または回数乗車券でご利用になる場合は、実際にご乗車になる経路にかかわらず、最も安くなる経路で計算した運賃で乗車することができます。
・重複しない限り乗車経路は自由に選べますが、途中下車はできません。途中で下車される場合は、実際に乗車された区間の運賃と比較して不足している場合はその差額をいただきます。
f:id:nantokacha:20200611102132g:plain

今回は大都市近郊区間のうち東京近郊区間のみを抜粋しました。この特例、簡単に言えば、


 ・この地図からはみ出ない
 ・同じ経路および同じ駅を通らない
 ・途中下車をしない

という条件を守れば乗車経路は自由に選べるというもの。つまりはどれだけ大回りをしてもいいと言うことです。
ただしそんなに甘い話はありません。乗車経路は自由に選べるとはいえ、途中下車が出来ないので改札を出て街に繰り出す事は出来ません。
出発駅から到着駅まで複数のルートが存在し、利用者も多い大都市近郊区間ではルートの特定・ルート毎の運賃の計算などが煩雑なので、
この特例は合理的なルールと言えるのでしょう。

また、大都市近郊区間相互発着の乗車券は有効期限が1日。片道100km未満の近距離乗車券は元々が有効期限1日ですが、
当然「日帰り旅行」に限定され、始発から終電までに切符に書かれた到着駅にたどり着かなければなりません。

この大都市近郊区間東京近郊区間の場合はSuicaの普及によってどんどんと拡大されていきました。
我が千葉県では2009年3月にSuicaエリア拡大*1によって千葉県全域のJR線が東京近郊区間に含まれることになりました。

大回り乗車の旅」は制約は多く、ルートをうまく選ばないと乗車経路の実際のの運賃が発生したり場合によっては不正乗車になったりと、
きちんとルールを理解して行わないと面倒なことになりますが、格安の運賃で長距離を移動し、道中の旅を楽しむ事が出来ることから、
鉄ヲタの間で人気の企画となっているのです。
自分も一度はこんな旅をしてみたいなと思っており、今回はそれを実行してみることにした、というわけです。

今回自分が設定したのは出発駅を木更津駅、到着駅をお隣の君津駅とし、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から「千葉県から出ない」と言うルールを設け、その上で出来るだけ遠くまで行くルートを選定しました。
地図上に描いてみるとこんな感じ。
f:id:nantokacha:20200616125457j:plain
見づらいですが、黒線で塗ったのが今回のルート。
木更津から内房線で千葉に出て、総武線西船橋へ。武蔵野線で新松戸に出て、常磐線我孫子へ。
成田線で成田を経由して松岸を回り、総武本線で成東へ。
東金線で大網に出て、外房線安房鴨川へ。そして内房線をぐるっと回って君津に戻ってくると言うルートです。
千葉県内から出ない範囲で最長ルート*2と言える379.5kmの長旅ですが、途中下車をしなければ最短ルートの運賃で乗車できるのです♪
f:id:nantokacha:20200616130718j:plain
10時間以上電車に乗り続けるだけになりそうな旅ですが、コロナの自粛で退屈してる自分にとってはいい気分転換になりそう。
片道切符を握りしめ、旅に出たいと思います。

旅のスタート地点は木更津駅。用意したのは木更津→君津間の片道切符です。

f:id:nantokacha:20200611095146j:plainf:id:nantokacha:20200611095131j:plain
木更津~君津間は1駅。下り電車に乗れば7分で到着するのですが、それでは大回り乗車にならないので、上り電車に乗り込みますw
木更津駅7:17発の内房線普通列車千葉行き大回り乗車の旅」のスタート!
f:id:nantokacha:20200611095159j:plainf:id:nantokacha:20200611095210j:plain
木更津→君津の切符を持ってるのに「次は巌根とな。でもこれも今のところはルール上OKなのです(*´з`)

まずは武蔵野線に乗り換えて新松戸を目指すのですが、通常なら蘇我から京葉線に乗り換えて南船橋から武蔵野線に乗り換えるのがベスト。
しかし調べてみたらこの時間は京葉線武蔵野線の乗り継ぎがよくなく、総武線経由で西船橋へ出た方がワンチャン早そう。
という訳で総武線経由を選択。蘇我駅外房線からの総武快速が先に出るので7:53発の総武線快速逗子行きに乗り換えました。
f:id:nantokacha:20200611095239j:plain
総武快速西船橋には止まらないので船橋で各駅停車に乗り換え。乗り換え1分をこなせたら西船橋での乗り換えに余裕が出来るので頑張ったら見事成功!
8:18発の総武線各駅停車三鷹行きに飛び乗って西船橋へ。

f:id:nantokacha:20200611095251j:plainf:id:nantokacha:20200611095301j:plain
これで西船橋での乗り換え時間に8分の余裕が出来ました\(^o^)/ 間に合わなかったら3分だったので微妙なのよね(^_^;)
西船橋から8:29発の武蔵野線府中本町行きに乗り換えます。
f:id:nantokacha:20200611095311j:plain
ちなみに京葉線ルートで来たらこの1本後の武蔵野線になったので、頑張った甲斐がありました(・∀・)
西船橋から武蔵野線で15分。新松戸へ。ここでまた1分ダッシュかまし常磐線各駅停車に飛び乗る。
f:id:nantokacha:20200611095321j:plain
そんなに急ぐ旅でもないんですが、我孫子駅で時間を作りたかったので頑張って巻き巻き。8:58に我孫子に到着しました!
f:id:nantokacha:20200611095331j:plain
ちなみに乗り換え案内の通りに乗り換えたら我孫子到着は9:10。12分巻いたわ(;゚Д゚)
常に綱渡り人生の茶さん。足は遅いけど乗り換えは早いのだ( `ー´)ノ

さて急いで我孫子に来た理由は弥生軒から揚げそばを食べたかったからw
我孫子駅と言えば有名な立ち食いグルメで、途中下車出来ない今回の大回り乗車の楽しみの一つでした。
我孫子駅にはホームが4本あり、弥生軒はホームで3店舗営業しています。
しかしながら新型コロナウイルスの影響でそのうち2店舗は臨時休業。この日営業していたのは常磐線(快速)の下りホームにある6号店のみでした。
f:id:nantokacha:20200611095337j:plain
その影響か6号店はそこそこ混んでいました(^_^;) あまり混んでる場所には行きたくないですが、ここまで来てから揚げそばを回避するのもいやなので。
早速から揚げそばを2個注文しました。

f:id:nantokacha:20200611095344j:plainf:id:nantokacha:20200611095352j:plain
ここのから揚げのボリュームは相変わらずすごいですね(゜o゜) 朝ご飯食べてなかったのでおいしくいただきました♪

お腹も満たされたところで旅を続けます。千葉県を出ないように、我孫子から成田線に乗り換えます。
予定では我孫子駅9:47発の電車に乗るとこの先の接続がいいのですが、一本早い9:17発の成田線成田行きに間に合いました。

f:id:nantokacha:20200611095415j:plainf:id:nantokacha:20200611095422j:plainf:id:nantokacha:20200611095429j:plain
久々の我孫子線で我孫子駅を出発!

我孫子からしばらくは住宅街を進みますが、20分ほど走ればのどかな田園風景が見えてきます。

f:id:nantokacha:20200611095435j:plainf:id:nantokacha:20200611095457j:plain
利根川に近づく築堤や印旛沼の近くの干潟など、ベイエリアを行き来しててもまず見られない風景に「千葉県って広いなぁ」と思わされつつ、
我孫子駅から40分ほどで列車は終点の成田駅に到着しました。
f:id:nantokacha:20200611095505j:plain
ここからは成田線の下り列車に乗り換えてさらに東を目指します。
f:id:nantokacha:20200611095534j:plainf:id:nantokacha:20200611095523j:plain
次の成田線は10:41発。40分以上の待ち時間があります。
成田駅は大きな駅なので改札を出なくても何かしら暇をつぶす店とかはあるだろう…と思っていましたが、カフェも何もない(;゚Д゚)
駅のコンビニNewDaysすら改札の外(;´Д`)
f:id:nantokacha:20200611095546j:plain
カフェかどこかで時間をつぶそうと早めに移動したのにガッカリ…。外はそこまで暑くなかったのでホームのベンチで待ちました。

列車を待つこと30分。ようやく列車が到着。成田駅10:41発の成田線普通列車銚子行きに乗り込みます。

f:id:nantokacha:20200611095556j:plainf:id:nantokacha:20200611095605j:plain
これで松岸まで行って、総武本線に乗り換える算段。銚子までは行けないのでね。
こんな切符持って成田から銚子行きに乗ってるとか普通に考えたらおかしな話ですが、これもルール上は「合法」なのです(・∀・)
f:id:nantokacha:20200611095617j:plain

という訳で引き続き成田線に揺られて銚子方面へ。のどかな田園風景が続きます。

f:id:nantokacha:20200611095627j:plainf:id:nantokacha:20200611095633j:plainf:id:nantokacha:20200611095641j:plainf:id:nantokacha:20200611095648j:plain
ホームの待合室ものどかな雰囲気。
f:id:nantokacha:20200611095656j:plain
時々近づく利根川の築堤。
f:id:nantokacha:20200611095708j:plain
川の流れこそ見えませんが、水量の一級河川。築堤も大きなものですね。

成田駅を出て1時間10分ほどで列車は松岸駅へ。松岸駅到着の際は総武本線の特急しおさい号とほぼ同時に進入!(゜o゜)
f:id:nantokacha:20200611095726j:plain
田舎線区なので単線ではありますが、総武本線成田線の分岐駅ではあるので、同方向に列車が同時進入することは無くはないのですね。
松岸駅からは総武本線の上り列車に乗り換え。

f:id:nantokacha:20200611095734j:plainf:id:nantokacha:20200611095742j:plainf:id:nantokacha:20200611095748j:plain
総武本線の上り列車とは5分乗り換え。ちょうどいい感じです。
ここが今回の旅で一番遠い地点になるのかな?松岸駅11:58発の総武本線普通列車千葉行きに乗り換えて旅を続けます。

しかし、こんな切符を持って総武本線の上り列車に乗ってるとかなかなかにアレですが、これも規則には反してないのです(・∀・)
f:id:nantokacha:20200611095755j:plain
松岸駅から総武本線に揺られて47分。列車は成東に到着。
f:id:nantokacha:20200611095803j:plain
大回り乗車を続けるにはここで東金線経由で外房線に出なければなりません。
成東駅での乗り換えは3分。ここもタイト。成東駅12:48発の(外房線直通)東金線普通列車千葉行きに乗り換えます。0番線がある駅って珍しいよね(*^_^*)

f:id:nantokacha:20200611095812j:plainf:id:nantokacha:20200611095824j:plain

東金線に乗るのは久々でしたが、昔よりも家が増えた印象(゜o゜)
のどかな田園風景は残っていたものの、宅地として開発されつつもあるのだなと思いました。
成東から東金線に揺られること17分。列車は大網駅に到着。
f:id:nantokacha:20200611095832j:plain
ここからは外房線に乗り換えです。次の外房線は13:37発。30分近い待ち時間。
しかし大網駅改札内に何もない…(;´・ω・) そろそろお腹減ってきたんですが、食べ物を買う事が出来ず(~_~;)
ボーッと列車を待って、ようやく出発時間。大網駅13:37発の外房線普通列車安房鴨川行きに乗って今度は房総半島を南下します。

f:id:nantokacha:20200611095858j:plainf:id:nantokacha:20200611095908j:plain

乗車の普通列車は途中の茂原駅特急に抜かれます。急ぐ旅ではないのでそのまま行きましょう。

大網駅を出て50分ほどで列車は浪花駅に到着。ここで上り列車と行き違い。のどかな田舎の駅です。

f:id:nantokacha:20200611100022j:plainf:id:nantokacha:20200611100033j:plain
そして14:43には勝浦駅に到着。ここまで来るとほぼすべての乗客が降りていきましたw
f:id:nantokacha:20200611100041j:plainf:id:nantokacha:20200611100048j:plain

6両編成で数人しか乗ってない外房線はさらに南下。勝浦から先に行くと間近に海が見えてきます(*^▽^*)

f:id:nantokacha:20200611100055j:plainf:id:nantokacha:20200611100102j:plainf:id:nantokacha:20200611100111j:plain
行川アイランド駅。駅名の通りのレジャー施設があったのですが、今は廃墟になっています。
f:id:nantokacha:20200611100118j:plainf:id:nantokacha:20200611100125j:plain
ここは「勝浦シーサイドパークリゾート」として再開発が予定されているみたいですが、新型コロナウイルスの影響による不景気でどうなることやら。

列車は安房小湊駅に到着。新宿わかしお号で使ってる車両が昼休みしてましたw
f:id:nantokacha:20200611100132j:plain
そして安房天津駅を出発し、
f:id:nantokacha:20200611100139j:plain
次はいよいよ終点の安房鴨川駅。車窓に鴨川のビーチが見えてきます。

f:id:nantokacha:20200611100146j:plainf:id:nantokacha:20200611100153j:plain
そして大網駅から1時間32分で終点の安房鴨川駅に到着しました!
f:id:nantokacha:20200611100201j:plain

ここからは内房線。乗り換え2分とまたタイト。15:16発の内房線普通列車館山行きに乗り換えます。

f:id:nantokacha:20200611100211j:plainf:id:nantokacha:20200611100221j:plain
路線名は「内房線」ですが、安房鴨川から千倉辺りまでは太平洋側を進みます。引き続き車窓には海が見えます。
f:id:nantokacha:20200611100228j:plainf:id:nantokacha:20200611100236j:plainf:id:nantokacha:20200611100243j:plain
天気もいいので、青空と太平洋の青い海がキレイでした(*^▽^*)

和田浦駅前にはシロナガスクジラの骨の標本が目立つ道の駅「和田浦 WA・O!」があります。
が、木が生い茂って標本はうまく写らなかった(^_^;)

f:id:nantokacha:20200611100300j:plainf:id:nantokacha:20200611100252j:plain
引き続き、車窓には風光明媚な海沿いの景色が見えて、旅気分を満喫(*^▽^*)
f:id:nantokacha:20200611100306j:plainf:id:nantokacha:20200611100315j:plainf:id:nantokacha:20200611100322j:plain
安房鴨川駅から41分。列車は終点の館山駅に到着。
f:id:nantokacha:20200611100329j:plain
ここからは土日だけ運転されている特急新宿さざなみ4号に乗り換えます。
f:id:nantokacha:20200611100339j:plain
大回り乗車の最中ですが、実際に乗車する区間特急券を買えば特急列車に乗車することも可能なのです(・∀・)
f:id:nantokacha:20200611100351j:plain*3
乗車券の区間特急券区間がちぐはぐだけど問題なし(*´з`)

日が落ち始めた内房の風景を堪能しながら北上。

f:id:nantokacha:20200611100401j:plainf:id:nantokacha:20200611100410j:plain
館山駅から特急列車に揺られること47分。ついにゴールの君津駅に到着しました!
f:id:nantokacha:20200611100419j:plain
7:17に木更津を出て9時間半・379.5kmに及ぶ長旅はこれにて終了です。
折角だからこの切符は記念にもらっていきましょう♪
f:id:nantokacha:20200611100431j:plain
これだけ電車を乗り回してもたった200円で済みました。道中で一切改札を出てないので不正乗車じゃないですよ(・∀・)
まぁ、最後に特急乗っちゃったので特急券520円が追加でかかりましたがw

こんな感じで、コロナ禍でいろいろ制限されている中、今許される最大限の旅を考えた結果、今回は「JR線大回り乗車の旅」で千葉県をほぼ一周して来たのでした。
千葉県から一歩も出てないのに端から端まで鉄道で一周したら380km近く移動したとか、改めてみると千葉県は広いっすなw

鉄道ファンや一部の旅好きの間で実行されている「大回り乗車の旅」。
「改札を出られない」「同じルートは通れない」などと条件はありますが、しっかりとルートを選定して条件を守れば初乗り運賃でとんでもなく遠くまで出かけることができて、車窓の風景や駅のグルメ等を堪能することもできるので、旅を満喫することができます。
皆さんもお時間があるときに一度チャレンジしてみてはいかがですか?

*1:このブログを書いた2020年6月現在、久留里線のみSuicaエリアには入っていません。

*2:厳密に言えば、木更津→君津間で千葉県内最長の大回り乗車蘇我市川塩浜西船橋・新松戸・我孫子・成田・松岸・成東・大網・安房鴨川を経由するルートで387.8kmとなります。

*3:ちなみにこの切符は旅を計画した段階で仕事帰りにあらかじめ買っておいたものです。

新型コロナウイルスに立ち向かう新たなライブハウスの楽しみ方について~セックスマシーン‼︎ 緊急ワンマンライブ「すぐにライブやっとんねん!」@大阪・心斎橋 Live House ANIMAの配信ライブに参加して~

今年に入って猛威を奮う新型コロナウイルス「COVID-19」

2月後半あたりから日本国内での感染拡大が進むなか、早い段階で感染拡大の発生源クラスター」とされたライブハウス。
「ライブハウス」と言う具体的な業態名を名指しで批判され、「自粛」と言う名の実質「営業停止」に追い込まれました。

事態は悪化の一途を辿り、4月に政府から発令された「緊急事態宣言」を受けてライブハウスだけでなく更に多くの業種が休業に追い込まれる事態に。
大型連休でも街に全く人が出歩かないと言う、多くの人の「自粛」が功を奏したのか、感染の拡大は徐々に抑えられていき。
当初の予定であったGWでの緊急事態宣言解除には至らなかったものの、5月25日には東京・神奈川・北海道と言った感染者の多い地域を除き緊急事態宣言が解除。
その後、5月いっぱいで残された地域も含め全国的に解除となりました。

新型コロナウイルスには特効薬や決定的な治療方法が開発されたわけでもなく、感染者も完全に0になったわけでもないのでまだまだ予断を許さない状況ではありますが、
営業自粛が長引くことによって経済に与える影響も考慮し、このウイルスの恐怖と戦いつつ日々の生活を取り戻そうと言う「新しい生活スタイル」の提案がなされました。

特効薬の開発が間に合わず、現段階での感染拡大防止策が「人と人との接触を極力抑える」しか方法が無い状況の中で、新しいライブハウスの経営の指針として大阪府の吉村知事がガイドライン案を発表。


これを受け、関西のロックバンド・セックスマシーン!!が立ち上がりました!
緊急事態宣言の解除となった6月1日に大阪・心斎橋のライブハウス、ANIMAとの合同企画「緊急ワンマンライブ"すぐにライブやっとねん!"」の開催を宣言しました!

セックスマシーン!!と言えば個性が強いロックバンドで、ライブハウスが休業に追い込まれ、箱でのライブが出来ない状況になるやいなや、岩山でライブをやってそれを配信する」と言う斬新なアイデアを繰り出しましてw


※↑現在はライブ配信は公開期間終了となっています


こんなおバカな発想をする彼らはとんでもない奴らだと思われがちですが、vo.のモーリーは関西では名だたる名門である灘中学・灘高校から神戸大学へ進学したキレ者( ゚Д゚)
普通の人は絶対にやらないであろう奇抜な発想でファンを楽しませてくれる、そんな個性派のバンドなのです(*´з`)

この岩山ライブ「新たなライブの景色」としてちょっとした注目を集めたとか集めなかったとか?


こんな発想ですぐに行動を移す彼ら。緊急事態宣言解除を受けて、今回もすぐに動き出したのです。

心斎橋ANIMAはキャパ350のライブハウス。コロナ禍での「ソーシャルディスタンス」を守ると言う条件で設定された今回のライブの定員はなんと49名
チケットは完全予約制で関西圏在住の人限定。住所・電話番号・氏名の個人情報の提出、入場時の身分証の確認とクラスター発生時の対策も取られ、
当日も検温・マスク着用の義務化など、行政・ライブハウスの指導に基づく対応に協力要請が事前に告知されていました。

この厳しい開催条件の元、詳細が発表された5/28の21時からわずか2時間足らずでチケット予約は規定人数に到達!( ゚Д゚)


緊急事態宣言が解除になったとは言え、先陣を切ってライブを行ったことによって感染者が出てしまっては大変な事態になります。
バンドメンバー・ライブハウスの関係者、それぞれに相当な覚悟を持ってライブの開催を決めたとの事。
こちらの模様は当日公式YouTubeチャンネルで配信されると言う事なので、流石に現場に行けない自分は家で配信経由でライブに"参戦"する事にしました。

当日の会場はスタンディングを基本とするライブハウスに座席が配置され、参加者はそこに座り着席での観戦が指定されます。
ステージと客席の間には透明のシートが貼られ、観客は声援を送れない代わりに鈴やらトライアングルやらの「鳴り物」でステージへ向けて「コール」を送ります。



※↑日記を更新した段階ではライブ配信アーカイブとして公開されていましたが、今後公開が終了となる可能性があります。

当日は風呂に入ったらライブが始まってしまったのでちょっと出遅れたけど、追っかけでライブに参加。
YouTubeのSuper Chat等を使って投げ銭をする事も出来たので、自分も微力ながら投げ銭をさえてもらいました。
観覧者からは「ドリンク代追加!」投げ銭をする人も多かったですね(*^_^*)

現場至上主義の自分にとって、家で配信を見てるのはやはり寂しい気持ちの方が強くなってしまうのですが、このような状況下では仕方ない面もあります。
大変な状況下で勇気を出してライブハウスのステージに立ち、沢山の対策を施してライブを遂行させた。
会場のファンは声援こそ送れないものの鳴り物や拍手でライブを盛り上げ、配信を見ているファンは音を出してのコールこそ無いものの本当に沢山のコメントを寄せていました。

視聴者数は1500人前後で推移していましたが、ライブが進むにつれて増えて行き、彼らの代表曲とも言える「君を失ってWow」の頃には自分の記憶では5000人近い視聴者数を叩き出していました!( ゚Д゚)
キャパ350のライブハウスの10倍以上の視聴者数を叩き出した彼らのライブ。沢山のコメントに支えられ、音声こそ出せないものの沢山の声援が送られ、大盛り上がり。
想像をはるかに超えた盛り上がりと楽しさに、ちょっと感動。そして彼らの雄姿に元気をもらいました。

 
 <セックスマシーン!!のライブのセットリスト>

  01.久しぶり!
  02.ウッドストック2019
  03.サルでもわかるラブソング
  04.いいよね
  05.始まってんぞ
   ~MC~
  06.かくせ!!
  07.明日月曜
  08.(It's only)ネクラ
  09.君を失ってWow
   -換気タイム-
  10.夜の向こうへ
   ~MC(ライブ告知)~
  11.響けよ我が声
  12.春への扉
  13.頭のよくなるラブソング
  14.夕暮れの駅
  15.胡蝶の夢

  en.新世界へ

ライブをやり切ったメンバーと会場スタッフは感無量の様子。勇気ある決断と思い出に残るライブを見せてくれた全ての関係者に大きな拍手を送りたい!(≧▽≦)






コロナ禍における新しいライブハウスでの公演の在り方を一つの挑戦で示してくれたセックスマシーン!!のライブの模様は朝日新聞にも紹介されました!( ゚Д゚)




新聞だけでなく、テレビでもワイドショーで取り上げられたり。


個性的なバンド名の為にバンド名は伏せられてたりしますがw、彼らの「挑戦」をメディアが取り扱ってくれた事は大きな功績だったと思います。

彼らのライブに対しては大阪府知事もこのようなコメントを寄せています。

セックスマシーン!!のベースの日野さんは今回のライブの後にこのようなコメントを寄せています。


このタイミングで早くもライブを行ったこと。やれるだけの事はやったとは言え、対策は万全であったのか?
疑問を投げかければキリが無いし、彼らの行動が正しかったのかと言われればそうでもないかもしれません。
何が正解だったのか?それを結論付けるにはまだ早い。でも彼らのライブが同じ様にライブハウスを生業とする多くのバンドマンに「コロナ禍でのライブ」に対する勇気を与えました。
「コロナ禍に於けるライブハウスでの公演の在り方」の一つの指標になったのではないか?と思います。

大きな挑戦を終えた彼らは早速次のライブを発表。興奮冷めやらぬ中、次のライブはわずか6日後の7日に行われます。
その会場はなんと「海原」!( ゚Д゚)


コロナと戦いながら、許された条件下でやれるだけの事を全力でやってやろうと言う彼らの姿勢には本当に頭が下がります。
次のライブも楽しみになって来ました。色んな意味で彼らの活躍から目が離せませんね!\(^o^)/

もしもJAPAN JAM 2020に参加していたら~アイドルヲタクのおっさんが考えるエアJAPAN JAM2日目~

世間ではGWの後半戦となったこの日。自分もたまたま休みでした。
GWならば各地で沢山のイベントが行われていますが、今年は蘇我で行われているJAPAN JAMに参加してみようと考えておりました。
f:id:nantokacha:20200518134145j:plain
大規模なロックフェスなんて行った事が無いドルヲタおじさんなので会場の雰囲気とか全然分からないし、人ごみは嫌いなので大規模ロックフェスは敬遠しました(^_^;)
こう言った一大野外ロックフェスって大型連休中に開催されるのでそこが休みとも限らないしね(*´з`)
しかし今年はたまたま休みで参戦は可能。知り合いも多数参戦しそうだし、一度くらい参加してみてもいいかな?と思い前向きに考えておりました。

が、新型コロナウイルスの感染拡大の影響による緊急事態宣言の影響でJAPAN JAM 2020も残念ながら中止になってしまいました(>_<)


折角の機会だから行ってみたかったんですが、中止になってしまっては仕方ない。悔しいけど今は我慢の時ですな(;゚Д゚)

開催予定だったJAPAN JAM当日の3日間、公式アプリ「Jフェス」「JフェスアプリでJAPAN JAM」と題しJAPAN JAM 2020に出演予定だったアーティストの
過去のフェス出演動画とファンへのメッセージによる「オンライン上でのフェス体験」プログラムが配信されました。


映像は主にJAPAN JAM 2020に出演を予定していたアーティストが過去1年間に出演したJAPAN JAM・ROCK IN JAPAN FESTIVALCOUNTDOWN JAPANのライブ映像の中から厳選した1曲を配信したとの事。
この企画は大変好評だったようで、アーティスト別のアーカイブを6月3日まで引き続きアプリで配信されているようです(*^_^*)

折角行こうと思っていたJAPAN JAMが中止になってしまって非常に残念ではありますが、今回の日記では「もしもドルヲタのおっさんがロックフェスなんぞに参加したら」と言うテーマで、
自分なりの"エア JAPAN JAM 2020"を開催してみたいと思います。

JAPAN JAM 2020の2日目のタイムテーブルはこんな感じで予定されていました。
f:id:nantokacha:20200518134150p:plain
自分の見たいグループを単純にチョイスした「マイタイテ」はこんな感じ。
f:id:nantokacha:20200518134156p:plain
メインをモーニング娘。'20に据えて、見たいバンドをチョイス。
ライブハウスのサーキットフェスが主戦場のドルヲタおじさんにとってこんな大規模のロックフェスは初めてのこと( ゚Д゚)
人の多さに驚きそうだし、そもそもこんな自由に回れるのか?勝手が分からないので実際に動けるかどうかは自信がありませんが、
折角高いチケット代を払って参戦するのだから、体力の許す限りいろいろ見て回りたいものです(*´з`)

こんな大きな規模のロックフェスは好きではないので行った事は無いし、大規模フェスと言うとTIF位しか経験のないドルヲタおじさんのボク(^_^;)
会場の雰囲気からいきなり飲まれてあたふたしそうですが、当日は早めに会場に向かって入場列に加わった事でしょう。

JAPAN JAM 2020のエリアマップはこんな感じ。
f:id:nantokacha:20200518134128j:plain
フクダ電子アリーナは一度しか行った事が無いし、周辺の蘇我スポーツ公園もまず用事が無いので行った事が無いのですが、
JAPAN JAMは「砂嵐」と言う独特の洗礼を受けると聞いています(゚Д゚)ノ
当日は晴れだったのか?雨だったのか?天気が良ければ巻き起こりそうな砂嵐。ある意味楽しみです( `ー´)ノ

ロックフェスと言えばフェスTにディキパン、大量のラババンを身に着けた「ライブキッズ」スタイルが定石になりつつありますが、
ドルヲタおじさんはそんな装備は備えておりません。ディキパンは機動性が良いので欲しいけど入るサイズが無いのよね(ノ∀`)
なのでドルヲタおじさんらしい装備でロックフェスへ挑みたいと思います(゚Д゚)ノ

JAPAN JAM 2020の開場時間は8:30。朝早い(;´Д`)
そんな早くに行く元気は無いけど、蘇我なら東京に行くまでの半分の時間で到着出来るのでなんやかんやで開場時間くらいには現場に着いてそうw
入場にどれくらい時間かかるのかな?リストバンド交換ってどれくらい時間かかるのかな?

大規模ロックフェスは初めて。JAPAN JAMの昨年の参加者数は1日当たり2万人前後。延べ3日間で65,607人だったとの事。
野外ロックフェスは行った事はあるけどそんなに多くの人が集まるイベントは初めてだし、TIFでも混みそうなステージは避けるので、
こんなに沢山の人が集まるイベントは競馬くらいしか経験のない自分は戦々恐々としております(;゚Д゚)

さて無事に入場ゲートをくぐれたのならば初めてのJAPAN JAMの雰囲気を味わうべく会場内を散策してみたい(≧▽≦)
でもエリアが広すぎて回り切れないうちにライブが始まる時間になってしまいそうです(^_^;)

JAPAN JAMのライブステージは3つ。娘。ヲタは一目散にSKY STAGEの最前線を目指して突っ走るでしょうけど、
自分は3ステージのトップバッターの中ではCreepy Nutsが見たいのでSUNSET STAGEへ向かったことでしょう(*^_^*)

Creepy Nutsを初めて見たのは2017年1月に参加したメ~テレ開局55周年記念「BOMBER-E LIVE CIRCUIT」の時。

f:id:nantokacha:20200521105506j:plainf:id:nantokacha:20200521105509j:plain
2013年から活動を開始した2人のユニットは2014年にはフジロックに出演したが、まだまだ大きなロックフェスの常連とまでは言えない知名度
この後彼らはメジャーデビューを果たし、一気に大規模ロックフェスの常連にまで上り詰めました。
そんな彼らを名古屋のSPADE BOXと言う中規模のライブハウスで見られたのはまだまだ貴重な体験だったのでしょうか。
Creepy Nutsのライブはご無沙汰ですが、久々に見てみたかったなぁ。

Creepy Nutsのライブの後はモーニング娘。'20のライブ。一応、本日のメインです(*´з`)
娘。さんのライブは久しく見てないのでどんな雰囲気なのかももう遠い昔の話になってしまっていますが、ロックフェスでどんな「衝撃」を与えてくれるのか?
ハロプロのライブでは今年から「ジャンプ」行為を禁止され、盛り上がっても跳ぶ事の出来ない鬱憤が溜まった娘。ヲタがどれだけ弾けるのか?
それを遠くから見守りたい気分でした(*^_^*)


娘。のライブが終わった後は昼食をとりながら次のライブに備えていたでしょうか。
12時台の出演者もなかなか魅力的で、BLUE ENCOUNTが一番見てみたい所ですがindigo la Endは全然知らないので一度見てみたい気も(゚Д゚)ノ
sumikaも見た事が無いので、この時間帯はランチを兼ねて3箇所の会場を転々としていたことでしょう。

野外ロックフェスと言えば「フェス飯」も気になるところ( ゚Д゚)
参戦表明をしていた娘。ヲタの知り合いとワイワイやりたいですね(≧▽≦)

さて13時台はアンジュルムandropハロヲタなら迷わずLOTUS STAGEでしょう(と言うかハロヲタの殆どはこの為に来てるw)けど自分はSUNSET STAGEを選択したでしょうね(・∀・)
andropは2016年に一度だけ見た事がありました。


アイドルネッサンスのファンだった者としてはココは押さえておきたいのです(*^_^*)

【「Yeah! Yeah! Yeah!」7.30ライブ映像】アイドルネッサンス


andropを見た後はSKY STAGEに移動してUNISON SQUARE GARDENを見に行ったでしょう。
彼らのライブを見たのも2016年。


アイドルネッサンスに出会い、2010年代のロックバンドを沢山教えてもらって知ったのがきっかけ。久々に見てみたかったなぁ。

【「ガリレオのショーケース」10.13ライブ映像】アイドルネッサンス


15時台はストレイテナー感覚ピエロ
感覚ピエロは2017年の長田大行進曲で見た事があるので、ココは見た事のないストレイテナーを選択したことでしょう。

そして個人的に一番見てみたかった"バンド"はフレデリック
フレデリックを初めて見たのは2016年1月にNHKで放送された「MUSIC JAPAN」の公開収録の時。
この時もアイドルネッサンス目当てで参加したのですが、あの時披露された「オドループ」が凄く楽しくて。

フレデリック「オドループ」Music Video | Frederic "oddloop"
彼らのアルバムを聞いたところ、「オンリーワンダー」が凄くお気に入りになっていました(・∀・)

フレデリック 「オンリーワンダー+ KITAKU BEATS」Live at METROCK 2018

JAPAN JAM当日、三原健司さんが当日演奏予定のセットリストを公開してくれていましたが、聞きたかった2曲ともやってくれる予定だったみたい。


大きなフェスに来たからこそ、こんな大規模フェスにしか出ないロックバンドを見る機会があるのですから、ココは見ておきたかったなぁ。

なんやかんやでJAPAN JAMも後半戦。16時台はさユり9mm Parabellum Bulletの2組。
さユりも気になるけど、9mmを見てみたいのでSUNSET STAGEを選択したことでしょう。

17時台の前半はKANA-BOONを見にSKY STAGEへ。
KANA-BOONを見たのは2017年の年末のキンプレライブの時。



彼らもアイドルネッサンスきっかけで知ったバンド。久々に見たかったなぁ。

【「シルエット」2017.10.28ライブ映像】アイドルネッサンス


JAPAN JAM 2020の2日目ももう大詰め。18時台はBase Ball BearAimer。ここはベボベを取ってLOTUS STAGEへ向かったことでしょう。
vo.の小出さんがアイドルネッサンスとの交友が深く、楽曲も提供してくれていた縁が深いバンド。
彼らのライブは2018年6月に仙台で行われた『SUMMER TIME LOVER CIRCUIT 「サマラバ!」』で見ました。


あの時は既にアイドルネッサンスは解散しており、彼女達がカバーした楽曲が聞きたいなぁと思っていたのですが、「17才」「The Cut」が聞けるとは思って無かったので嬉しかった!(≧▽≦)


「祭りのあと」も好きな楽曲だし、凄く良いライブだった思い出が残っています。
あれ以来、久々に見るチャンス。なかなか縁が無いので久々に見たかったなぁ。

JAPAN JAM 2020、2日目の大トリは[Alexandros]
最後の一組なので見て帰ってもいいんですが、疲れもピークだったでしょうし、ベボベで満足して帰ったかもw
蘇我駅前は大して店は無いですが、娘。ヲタの知り合いと打ち上げして帰った事でしょう。

こんな感じで、今回の日記は「アイドルヲタクのおっさんがもしもJAPAN JAM 2020に参加していたら」と言うテーマでエア参戦日記を書いてみました。
「もしも」と言う仮定の話を書くのもたまには面白いですが、やはり現地でライブを見た方が圧倒的に楽しいし、思い出に残ったはず。
新型コロナウイルスの感染はだいぶ落ち着いてきましたが、まだまだ収束したとは言えず、苦悩の日々はまだまだ続きそうですが、
余計な事を気にせずに目一杯楽しめる日々が早く戻って来る事を願ってやみません。

2020年4月の参戦記録

4月が終わりました。
今月も新型コロナウイルスの感染拡大は留まる事を知らず、7日には東京都をはじめとした7都府県に緊急事態宣言が発令。
この影響で日本各地のほぼすべてのライブやイベントが中止を余儀なくされました。
そのため予定は何もかも中止。自分の参戦記録もこんな感じとなりました。

                            • -

<2020年4月の参戦記録>

   4(土) ギュウ農フェス春のSP2020~5th anniversary 2days~@新木場 スタジオコースト(1日目)(中止)
   5(日) ギュウ農フェス春のSP2020~5th anniversary 2days~@新木場 スタジオコースト(2日目)(中止)
   9(木) サンボマスター感謝祭【日本列島ルーツの旅〜ワンマンツアー2020〜】@千葉LOOK(延期)
  25日(土) サンダルテレフォン 1stワンマンライブ"ありきたりで、特別な女の子が、大人になる前に"@渋谷 Glad(延期)
  26日(日) 浪江女子発組合 第5回定期大会@福島県浪江町・サンシャイン浪江(中止)
  28日(火) @JAM PARTY vol.48@AKIBAカルチャーズ劇場(中止)

 4月の現場数・・・ライブ・イベント:0 競馬観戦:0
 年間累計数・・・・ライブ・イベント:24 競馬観戦:3

                            • -

4月は予備勤務だったためなるべく土日に動きやすい様に休みを振ってもらっていて、予定が発表されたらドンと来い!と言う体制を整えておりました。
しかしながら、新型コロナウイルスの感染拡大の影響は留まる事を知らず、緊急事態宣言の発令で全てのイベントの自粛要請が出され、好きなアイドル・アーティストのイベントが軒並み中止・延期に追い込まれました。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響は3月から出ていたので、すでに中止を決めていたイベントもあったり。
元々、あまり先の予定を立てない様にしていたので、今となってはその日に何をしようとしていたのかすらまとめる事が出来なくなってますね…(T_T)

ワクチンなどの決定的な防御策・対応策が取れない新型ウイルスの前では感染拡大を留める方法は「人々の接触を止める」しかなく。
もはや「家を出てはいけない」状況になり、仕事以外は外出を控え、お出かけもせずにただ引きこもる日々が続いてしまいました(ノД`)・゜・。

そんな状況下でも、配信サービスでファンを楽しませようと頑張ってはくれるのですが…。
「ライブ」が好きな自分にとって、家で配信を見るだけは物足りなくて…。
現場に居る時間はその雰囲気を楽しもうと全力でステージに集中するのですが、その反面、家に居る時間は自由に過ごしたい人間なんですよね、自分は。
また配信の時間も自分の(と言うか一緒に暮らす母親の)生活リズムと合わないものが多く、わざわざ見ようとは思わないんですよね…。
「"現場"に足を運ぶ」と言う行為はそのために「わざわざ」時間やらお金やらを割いてそれを楽しむ様に神経を集中させるのですが、家だとどうも集中できなくて…。

現場に行かなかった分、お金が貯まるかと思いきや、ネットで投票できる競馬をついついやってしまい、意外と散財していまして(;゚Д゚)
他に楽しみが見いだせない状況で…依存に近い散財の仕方をしております(>_<)

このままじゃダメなのですが、趣味であるライブ参戦も旅行も封印され、だったら体を動かしたいと地元のプールに行って運動する事さえ制限され…。
八方ふさがりのなか、ただただつまらない日々を過ごしております( ;∀;)

とは言っても家でゴロゴロしているだけでは運動不足になるので、この状況下で許されそうな「ウォーキング」を少しずつ始めておりまして。
夕方に家を出て、1時間ちょっと周囲を散策。コレが意外と気分転換になるのです(*^_^*)
田舎なものですから、のどかな田園風景の中を歩いてもすれ違う人は殆どおらず、人と接触する機会も無きに等しいw
これくらいは許してほしいものです。

5月のGWで緊急事態宣言の期限は一旦区切りとなるわけですが、このまま収束するとも思えません。
果たしてどうなるのか…。ボクたちがライブハウスやイベント会場に足を運び、笑顔になれる日々が早く戻って来てほしいものです。

2020年3月の参戦記録

3月が終わりました。
新型コロナウイルスの感染拡大の影響でライブやイベントの自粛・中止が相次ぎ、予定を大幅に狂わされました。
自分の参戦記録もこんな感じとなりました。

                            • -

<2020年3月の参戦記録>

   1(日) IDOL FUNFAIR Vol.1@代官山SPACE ODD(回避)
   1(日) 真っ白なキャンバス メジャー1stシングル リリースイベント@タワーレコード渋谷店(中止)
   1(日) サンダルテレフォン 2nd Single “Magic All Night” リリースイベント@池袋新星堂サンシャインアルタ (中止)
  7日(土) 九州女子翼 定期公演第二十七片@AKIBAカルチャーズ劇場(延期)
  7日(土) サンダルテレフォン 2nd Single “Magic All Night” リリースイベント@AKIBAソフマップ4号館 (中止)
  9日(月) 実玖の日 ソロLIVE!@渋谷 七面鳥(延期)
  【9日(月) 251系が引退間近と言うので乗りに行きましょう!~スーパービュー踊り子号に乗って伊東温泉日帰りの旅~
  【10日(火) ダイヤ改正で運転区間が短縮される特急あずさ3号に全区間乗ってみる旅】
 [023]10日(火) nuance ONEMAN TOUR “OSU” TOUR FINAL『PEONY』@渋谷 TSUYAYA O-EAST

  20日(金) 九州女子翼 定期公演第二十七片@福岡ベイサイドライブホール(回避)
  【20日(金) 東京~加賀温泉 ローカル路線バス乗り継ぎの旅(1日目)】
  21日(土) SANUKI ROCK COLOSSEUM 2020(1日目)@高松市瓦町周辺ライブハウス(中止)
  【21日(土) 東京~加賀温泉 ローカル路線バス乗り継ぎの旅(2日目)】
  22日(日) SANUKI ROCK COLOSSEUM 2020(2日目)@高松市瓦町周辺ライブハウス(中止)
  【22日(日)ヲタ仲間と行く加賀温泉宿泊旅行】
  29日(日) アイドル甲子園 SPRING FESTIVAL 2020@新木場 STUDIO COAST(中止)
  30日(月) こぶしファクトリー ライブ2020 ~The Final Ring!@TOKYO DOME CITY HALL(無観客ライブに変更)
 [024]30日(月) こぶしファクトリー ライブ2020 ~The Final Ring!~ ライブビューイング@T・ジョイ蘇我

 3月の現場数・・・ライブ・イベント:2 競馬観戦:0
 年間累計数・・・・ライブ・イベント:24 競馬観戦:3

                            • -

それなりに土日が休みになったので現場参戦の予定を考えておりましたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で大幅な予定変更を余儀なくされました。
3月の前半はイベントも開催されるものがありましたが、万が一の感染リスクを考えて自粛。
当初は「2週間我慢してください」との事だったので大人しくしていましたが、一向に収まらないどころか規制は厳しくなりまして。
後半は殆どのイベントが中止され、その「自粛要請」はもはや「圧力」と言ってもいいような状況にウンザリしております。

残り少ない有給休暇を取って遠征を企んでいたサヌキロック。こぶしファクトリーの解散ライブ。
ライブイベントが無くなったのならばその分ウインズスタンプラリーの旅にでも出ようかなと思うも、競馬も無観客競走が決まり、
ウインズも営業停止が続いており、それすら許してもらえない状況…。
どうしても行きたかった大事な現場が次々と奪われ、やりたい事も出来ず、完全に心が折れました…。

この事態だから仕方ないにせよ、ライブイベントに行く事が「悪」とさえ思われるような社会情勢をどうにかして欲しいものです。

コロナ騒動の出口はまだまだ見えそうもありませんが、楽しく笑顔で過ごせる日々が早く戻って来る事を願ってやみません。

こぶしファクトリー ライブ 2020 ~The Final Ring!~ ライブビューイング@T・ジョイ蘇我 レポート

この日は好きだったグループの解散ライブを見に映画館まで行って来たので、その時のお話です。
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で外出自粛が呼びかけられる中、家でじっとして居られなかったので映画館で見て来ました。

2020年の初頭、ハロー!プロジェクトのグループこぶしファクトリーの解散が発表されました。
www.helloproject.com
ハロプロからだいぶ離れた自分ですが、こぶしファクトリーは好きだったんですよね。
対バンイベントで彼女達のライブとタイミングが合えば必ず応援に駆け付けてたし、イベントも何度も行きました。
ファン歴は長くは無いけど、なんやかんやで応援してたグループだったんですよね。
そんな彼女達のラストライブ。激選と言われていたチケットがまさかの当選で!( ゚Д゚)
f:id:nantokacha:20200403212733j:plain
しかしながら、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で3月以降は各方面でのライブ・イベントが中止に追い込まれる事態に(>_<)
大手グループのライブほど、早い段階での開催中止・延期が発表され、ハロプロのライブも早い段階で3月いっぱいの開催中止・延期が決定しました。
www.helloproject.com
そんな中、こぶしの解散ライブだけは直前まで開催に向けて頑張ってくれた様ですが、事態は悪化の一途を辿る中、遂に事務所から「無観客開催」の発表が(ノД`)・゜・。
www.helloproject.com
こんな事態だから仕方ないですが、ライブを直接見に行けない悔しさと寂しさ…。誰のせいでもないのですが、流石にやるせない…。
「解散」ライブでなければ延期も出来たんでしょうけど、大人の事情もあってか、日程はずらせなかったのでしょうね。
でも「中止」と言う最悪の事態にならなかっただけマシなのかな…。寂しいけど、ラストライブが開催されるだけよかったのかな…。

こちらのライブはCSのテレ朝チャンネルで生中継が決定。しかし自分は見る環境がありません。
厳密には用意すれば何とかなったものの、家で一人で見ていたら辛いのが分かって居たので、何とかLVに参加したい…。
とは言え、ライブビューイングのチケットも関東の会場は軒並み完売(ノД`)・゜・。そりゃそうだよね。

コロナウイルスの自粛体制の変化もあって、東宝系の映画館で開催予定のLVが中止になり、その代わりに急遽LVを開催する会場もありまして。
自分の近場では船橋ららぽーとにあるTOHOシネマズが中止になった代わりに蘇我のT・ジョイで開催されることになり、こちらはチケットが確保できそう。
チケットを確保し、当日に備えたのでした。

勤務的には紆余曲折あって結局有給休暇で休みにしたこの日。前日のアイドル甲子園を終えて都内に泊まって迎える予定でした。
しかしながら、新型コロナウイルスの感染拡大の影響でアイドル甲子園が中止に。週末は外出自粛要請もあって他のイベントも軒並み中止。
予定の変更を余儀なくされ、当日は家からの出発となりました。

会場に入れないのは分かっていても、せめてもの慰めに東京ドームシティホールの前に行こうと思っていたのですが、それすらやめた方がいい雰囲気。
当日はギリギリまで家で待機し、夕方の電車で蘇我へと向かいました。

17時過ぎに蘇我に到着。早めの夕飯と思い、蘇我に通勤していた時代によく行ってた「石ばし」さんに行ってみるも、定休日だったorz

f:id:nantokacha:20200331205930j:plainf:id:nantokacha:20200331205934j:plain
そうだ、石ばしさん月曜日休みだったの忘れてたわ。曜日の感覚なくなってたしw
仕方ないのでアリオ蘇我に向かうバスに乗ってフェスティバルウォークへ。手前のバス停で降りて「喜久屋」さんへ。
f:id:nantokacha:20200331210034j:plainf:id:nantokacha:20200331210005j:plain
京葉線で帰ってくると蘇我に着く手前で見えてくる看板が気になってたんですよね。駅から遠いのでなかなか行く機会も無かったけど、
こぶしのライブの前はラーメンが食べたかったので行ってみました(*´з`)

味噌ラーメン専門店ですが北海道・信州など各地の味噌をベースにしてる感じ。田所商店に似てるかと思ったら系列店だったのね。
今回は北海道味噌ラーメンを頂きました。

f:id:nantokacha:20200331210009j:plainf:id:nantokacha:20200331210013j:plain
お腹はいっぱいなのについつい大盛り(^_^;) ちょっと食べ過ぎたけど満足でした。
お腹も満たされたところで本日の現場へ。T・ジョイ蘇我は喜久屋さんから歩いて5分ほど。
f:id:nantokacha:20200331210018j:plainf:id:nantokacha:20200331210023j:plain
映画なんて見ないので映画館に来るのは久々だなぁ。ここに来たのもC-Styleのライブの時だったしw
外出自粛ムードの中、映画館に来てる人も少ない。ロビーで待ってる人、大半がこぶしのライブを見に来た同志っぽい。
予約したチケットを発券して入場しました。
f:id:nantokacha:20200331210029j:plain
キャパ400名はありそうな映画館ですが、連番にならない様に配慮してくれた様で、チケット販売の段階で飛び飛びになっています。
更にはコール・サイリウム・拍手禁止。ただじっと座って見て下さいとルールが定められました。
コロナウイルス感染拡大防止の苦肉の策。それでもLVを開催してくれただけありがたいかな。

定刻の18:30の少し前にメンバーからのコメントが入り、定刻通りにライブが始まります!

                            • -

 こぶしファクトリーは初期から応援していたわけではないし、最近も少し離れていたので、5年間の活動の中で応援したのは実質3年程度。
でも、ワンマンライブに行ったり、リリイベに行ったり、対バンで応援したり…。なんやかんやで思い出は沢山あるんですよね。

ジャンプ禁止・コールも薄い・接触文化…。ファン層の変化と共にライブの雰囲気も大きく変わったと言われるハロプロ
娘。ヲタの仲間と話しても「不満」の声が聞こえて来るのでその変化を憂い、自分みたいな古いヲタクはもはや老害なのかと敬遠しています。
そんな現場の変化の中、こぶしファクトリーのライブの雰囲気「古き良きハロプロを最後まで継承していた。
ジャンプ・フリコピ・大歓声…。とにかくヲタクの元気がいい。おっさんだらけだったけど、これぞハロプロ現場」と言える雰囲気が残ってた。
そんな雰囲気が大好きで、こぶしの現場だけは最近まで足を運んでたんですよね。

「こぶし組」として言えるほど熱心でもなく、ツアーも殆ど顔を出さなかった薄っぺらなヲタクだったけど、こぶしのライブの為に遠征したのも楽しかったし、
彼女達との思い出もそれなりにあるので、ライブが進んでいく毎にその当時の思い出が走馬灯のように蘇って来て、時々目頭が熱くなりました。

ラーメン大好き小泉さんの唄は色んな所で聞いたけど、ナカGフェスの思い出が強いかな。


こぶし以外にも出演者みんな大好きな楽しいフェスでした(*^_^*)

「Oh No 懊悩/ ハルウララはまちゃんの誕生日当日のリリイベに行ったなぁ。
「はまちゃんスペシャル」「おへその国からこんにちは」をやったのよねw
2部は時間の都合で帰ったけど「彼女になりたいっ!!!」「はまちゃんちょうだい」やったみたいだしw

夏のOTODAMAでのライブは2回見に行きました。OTODAMAでのこぶしのライブは彼女達の真骨頂とも言えるもので、
ココに賭けるメンバーの思いと集まったこぶし組の熱い声援が相まってものすごい熱気になるんですよね。

「バッチ来い青春!」は隣のヲタクとスクラム組むのがとにかく楽しかった思い出。

こぶしファクトリー『バッチ来い青春!』(Magnolia Factory [Hey Youth, Come At Me!]) (Promotion Edit)
ルネTだったり、ベビレのTシャツだったり、アウェイのヲタクで頑張って応援したなぁw

「オラはにんきもの」愛踊祭2016の課題曲となり、当時応援していたグループが決勝戦に進みしのぎを削りました。
そう言えばあの決勝大会は奇しくも今回の開催ライブが行われた東京ドームシティホールだったなぁ。





辛夷の花」は名曲中の名曲。沢山の思い出があるが、中でもビバラポップで大森靖子さんとのコラボが思い出されて涙。

こぶしファクトリー × 大森靖子 「辛夷の花」

そして彼女達のライブでの本当のラストとなった「シャララ!やれるはずさ」MV収録のエキストラとして参加したので、自分の中でも一番思い入れが強い曲でした。

こぶしファクトリー『シャララ!やれるはずさ』(Magnolia Factory[Sha la la! we can do this!])(Promotion Edit)




2時間半近いライブはおしまい。これで終わってしまうと思うと寂しくて涙が出た。
粛々とライブを見ていたLV会場のお客さんでしたが、終わった後にはすすり泣く声も。
好きだったグループが解散したと言う寂しさ。それを「無観客」と言う声援の無い環境で開催されたことのやるせなさ。
誰のせいでもないし仕方の無い事だけど、やりどころのない寂しさと悲しさが終演後の客席に漂っておりました。


 <セットリスト>

  1.Yes!We are family~こぶし ver.~
  2.念には念(念入り Ver.)
  3.これからだ!
  4.Come with me
  5.好きかもしれない
  6.アカペラメドレー
   ~LOVEマシーンチョット愚直に!猪突猛進~念には念~GO TO THE TOP!!~サンバ!こぶしジャネイロ 2019~桜ナイトフィーバー
  7.開き直っちゃえ!
  8.消せやしないキモチ
  9.Oh No 懊悩
  10.アンラッキーの事情
  11.ハルウララ
  12.青春の花
  13.ラーメン大好き小泉さんの唄
  14.メドレーブロック
   ~バッチ来い青春!~エエジャナイカ ニンジャナイカ~サバイバー~オラはにんきもの~ピッチピチトモダッチ~闇に抜け駆け
  15.ドスコイ!ケンキョにダイタン
  16.押忍!こぶし魂
  17.懸命ブルース
  18.TEKI
  19.明日テンキになあれ
  20.亀になれ!
  21.スタートライン

  <アンコール>

  en1.明日の私は今日より綺麗
  en2. 辛夷の花
  en3.シャララ!やれるはずさ

                              • -

ライブが終わり、好きだったグループが解散し活動が終わってしまった寂しさが襲ってくるものの、実際に見たわけでもないので実感が沸きませんでした。
解散ライブが行われていて、チケットもあったのに参加出来なかった寂しさと虚しさ。仕方のない事態とは言え、こぶしのリーダも言っていたように
ただただ「悔しい」気持ちとやるせなさで会場を後にしたのでした。

帰りも蘇我までのバスに乗ろうと思いましたが、LVを見ていた人が思いのほか多かったのですぐのバスには乗らず。
T・ジョイからだと本千葉駅に歩いた方が近そうだったので本千葉まで歩き、内房線に乗って職場に行き、翌日の仕事に備えたのでした。

以上、こぶしファクトリーの解散ライブのLVのお話でした。

こぶしファクトリーの楽曲って歌詞がいいのよね。なんやかんやで関係者に愛されてたんだなぁと改めて感じます。
曲が良くて、ライブがとにかく楽しい。でもそれだけじゃ何かが足りなかったのでしょうね。
移り変わる時代の中で「ライブで盛り上がる」ことに特化した彼女達はハロプロの中でも「ガラパゴス」な存在となってしまったのが勿体無かった。
ハロプロの主催ライブで「ジャンプ」が禁止となり、こぶしのライブの熱さをフロアが全力で楽しめないのも「ガラパゴス」の要因の一つでしょうか。
結果的に最後の対バン出演となった「MX IDOL FESTIVAL」ではハロプロのライブでは封じられたジャンプで盛り上がった様で。


これがハロプロの本拠地で封じられた事に多くのファンが不満の声を上げていますが、そんなヲタクと共にこぶしと言うグループまで淘汰されるのが本当に寂しい。

最近ではサマソニRIJFなどの大規模野外ロックフェスにハロプロのグループが呼ばれるのが当たり前の様になって来ました。
パフォーマンスではまだまだ足りないかもしれないけど、ロックで熱いこぶしの楽曲はロックフェスに凄く似合うと自分は思います。
ハロプロのグループの中で一番ロックフェスが似合うんじゃないかとも思ったり。それは言い過ぎかな?
ライブハウスのこじんまりとしたステージを中心に活動していた彼女達。ライブパフォーマンスとしては大舞台に立つにはまだまだ弱い所はありますが、
彼女達がこんなロックフェスに出演し客席を唸らせる未来が見たかったなぁ。

こぶしファクトリーの一ファンとして見たかった夢はまだまだありますが、彼女達自身はやり切ってくれたのなら自分も悔いはありません。
ラストライブで声援が送れなかった事だけが正直悔しいですが…。

他のグループの様に、新しいメンバーを加入させたりすればグループを継続しさらに人気や活躍の場を広げる事が出来たであろう彼女達。
でもそれはせず、自分達の思いを貫いて「解散」と言う道を選択したこぶしファクトリー
youtu.be
彼女達の思いを尊重し、それぞれの未来に向かって突き進んでくれるのを願うばかりです。

こぶしファクトリー『スタートライン』(Magnolia Factory [“The start line”])(Promotion Edit)