○○茶の日記帳~わがまま 気のまま 茶のジョーク~

アイドルとロックバンドのライブをこよなく愛する茶のブログです。ライブやイベントのレポートが主体なのでリアルタイム更新は殆どありませんが、緩くお付き合いいただけると幸いです。

ボクのなつやすみ最終日~特急ひたち号で走り抜ける常磐線の旅~

この日は3連休の最終日。有給休暇でお休みでした。
夏の東北旅行最終日は震災から長い間不通となっていた区間が9年ぶりに運転再開したと言う事で、浜通りを走り抜ける特急列車に揺られて一気に帰ってきました。
懐かしい風景、変わってしまった風景。様々な思いはありましたが、再び鉄路で結ばれた事に鉄道ファンとして喜びを感じたのでした。

20日の仕事上がりから東北を旅した最終日。
この日の朝は前日に宿泊した仙台で迎えました。今日はここから家路に着きます。
f:id:nantokacha:20200825143108j:plain
仙台から帰るんだったら新幹線で一気に移動すれば東京まで2時間かからないのですが、それでは面白くない。
今年の3月に全線で復旧となった常磐線経由で帰る事にしますw

仙台から上野を結ぶ*1常磐線宮城県福島県茨城県と沿岸部を走る常磐線は2011年の東日本大震災で大きな被害を受けました。
被災した路線の復旧および移設を経て、仙台側から徐々に線路は繋がっていきましたが、福島第一原発に近い浪江~富岡間は放射線量の関係で最後まで取り残されていました。
この区間の復旧は相当な時間を要し、自分の生きてる間には復旧しないのではないかと思っていたほどなのですが、多くの人の努力により震災から9年で全線が復旧。
そしていわき以北の区間で長らくの間休止状態だった常磐線特急「ひたち」号も仙台までの運転を再開しました。

仙台を訪れたのは昨年末以来で常磐線が全線復旧してからは初めて。折角なのでその特急ひたち号で帰ることにしたのです。

東北旅行の3泊目の宿を仙台にしたのは、元々は九州女子翼の出演予定だったGIG TAKAHASHIが予定されていたからです。


残念ながら新型コロナウイルスの感染拡大の影響でライブが中止となりましたが、予定は変更せず仙台に宿泊。
帰るだけなら盛岡にもう一泊でもよかったんですが、そこは仙台からの特急ひたち号に乗るつもりだったのでいいのですw

そんなこんなで仙台で迎えた東北旅行最終日。ホテルでゆっくりして、お腹が空いたら出発するスタイルです。
仙台での朝ご飯と言ったら自分の中では半田屋と決めています。理由は特にないけどw
f:id:nantokacha:20200825143031j:plain
ついうっかりご飯を「中」にしてしまい食べ過ぎましたね(;゚Д゚) いつもながら朝の半田屋とは思えないお会計金額w

f:id:nantokacha:20200825143037j:plainf:id:nantokacha:20200825143102j:plainf:id:nantokacha:20200825143043j:plain
お腹も満たされたところで仙台駅へ。

仙台駅10:13発の特急ひたち14号に乗り込みます。

f:id:nantokacha:20200825143114j:plainf:id:nantokacha:20200825143131j:plainf:id:nantokacha:20200825143120j:plain
旅の車窓動画を撮るためにビデオカメラを持ってきていたので列車の入線の様子も撮影しようかと思いましたが、入線は9:40頃とかなり早かった様子(;゚Д゚)
半田屋でご飯食べてる間にもう列車来てたみたいです。
f:id:nantokacha:20200825143135j:plainf:id:nantokacha:20200825143126j:plain
特急ひたち号の出発する仙台駅の5・6番ホームには特急券を購入できる専用の指定席券売機が設置されていました。
f:id:nantokacha:20200825143141j:plainf:id:nantokacha:20200825143157j:plainf:id:nantokacha:20200825143204j:plain
現在のダイヤでは仙台始発の特急ひたち号は1日3本。たったそれだけの為にホームに券売機を設置するのすごいわ(゜o゜)
特急ひたち号は全車指定席で自由席と言うものが無く、また事前に特急券を買っておかないと車内料金が割高になるのも大きいのでしょうね。
特急券を買いたくても券売機がすごく遠くにあって分かりづらい京葉線の東京駅も見習ってほしい(*´з`)

まだ発車まで20分以上あるのですがホームでは列車に乗り込むのを待つ乗客がちらほら。
全車指定席だと言うのに、東北の人は気が早い(*´Д`)
世間では4連休の初日。コロナ禍で外出は険しい状況ですが、お出かけする人もそれなりにいるのね。

発車の約15分前にドアが開き乗車が開始。自分もまずは座席に荷物を置き、色々と撮影してみます。
・・・とそこで自分の席に親子連れの姿が。声をかけると間違えて座っていた様子。
特急列車あるあるですが、どうやら特急券を持っていない様子でした。
「車内料金があるので発車前に特急券を買っておいた方がいいですよ」と先程の指定席券売機を案内しておきました。
こういう事があるから、ホームに券売機は必要だよなぁ。

さて発車までの時間を使って撮影した写真等を紹介します。まずは車内の様子。
f:id:nantokacha:20200825143319j:plain
仙台始発の段階でこの車両には10人くらい乗ってたかなぁ。

横サボ。


今どきの電車の横サボはみんなLEDになっており、シャッタースピードを合わせないと綺麗に撮れません(;゚Д゚)
その辺よく分かってない、オート設定大好きなへなちょこカメラマンなので初めてマニュアルモードでシャッタースピードをいじった。
デジカメ使ってもバ〇〇ョンカメラと同じ使い方しかしてない自分には少し勉強になりました(*´ω`*)

さてそうこうしているうちに出発時刻が近づいてきました。ビデオカメラのスタンバイはバッチリ( `ー´)ノ
f:id:nantokacha:20200825143335j:plain
仙台から終点の品川まで、4時間38分の長丁場。流石にバッテリーも持たないだろうからUSB接続で充電しながらの使用。
こういう時に電源コンセントが付いてる車両は助かりますね(*´з`)

そして特急ひたち14号は定刻通りに仙台駅を出発!品川までの長い道のりが始まりました。
あ、この時の車窓動画をYouTubeにアップしてあるので、お時間のある方はのんびりとご覧ください(/・ω・)/

【車窓動画】常磐線 特急ひたち14号 仙台~品川 ノーカット

仙台を出発して最初の停車駅は相馬。岩沼までは東北本線の線路を走るのですが、東北本線の分岐点となる岩沼もこの列車は通過!(゜o゜)
1日3本の仙台始発のひたち号のうち、最後となる夕方のひたち30号以外の2本は岩沼は通過。流石は特急列車ですなぁ。

最初の停車駅・相馬を出発し次の停車駅・原ノ町へ。

f:id:nantokacha:20200825143344j:plainf:id:nantokacha:20200825143353j:plain
原ノ町と言えば相馬野馬追。1000年以上続く伝統行事で、甲冑競馬はかなり見ごたえがあるので一度見てみたいと思っております。
この4連休に予定されていたそうですが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で残念ながら規模を縮小し神事だけ行われたそうです。

そんな相馬野馬追に思いを馳せながら原ノ町駅を出発。15分ほど走ったところで桃内駅に停車。
f:id:nantokacha:20200825143400j:plain
常磐線木戸駅以北の区間は単線。行き違いのためにここで運転停車を行います。
下りのひたち号はなかなかの混雑でしたね!(゜o゜) さすがは4連休の初日ですな。

仙台駅を出てから1時間12分で浪江を出発。ここから先は常磐線で最後まで運転見合わせとなっていた区間になります。
東日本大震災の被災と言うよりは福島第一原発の事故の影響が大きく、放射線量が多くていまだに帰宅困難区域になっている区間です。
双葉駅前は今も除染作業の真っ最中と言った感じでした。

f:id:nantokacha:20200825143408j:plainf:id:nantokacha:20200825143415j:plainf:id:nantokacha:20200825143423j:plain
駅周辺は町のコミュニティセンターのみ立ち入り可能で、町東側の避難指示が解除された地域に通じる道路のみが通行可能との事。
駅前の賑わいが戻って来るのはまだまだ先の話になりそうですね。

特急ひたち14号は福島県茨城県内はコンスタントに停車していき、仙台を出発して3時間12分で水戸に到着。
f:id:nantokacha:20200825143428j:plain
常磐線の特急列車、特にこの先上野までノンストップの速達列車であるひたち号と言えば水戸からほぼ満席になるほどの混雑のイメージでしたが、
水戸駅から乗って来た人はほとんどおらず、ガラガラのまま出発(;゚Д゚)
f:id:nantokacha:20200825143436j:plain
まぁ水戸を基準に考えると午後の中途半端な時間の列車なので需要は少ないのかもしれないけど、それにしても人が乗らな過ぎて寂しかった(~_~;)

仙台から水戸まではコンスタントに停車を繰り返してきた特急ひたち14号ですが、水戸の次は上野。1時間以上ノンストップで走り続けます。
列車は順調に走行し、定刻通り上野へ。そして東京駅に停車した後、定刻通りに終点の品川に到着しました!
f:id:nantokacha:20200825143449j:plain
仙台駅から4時間38分。373.9kmの長い旅が終わりました!(≧▽≦)

ココまで無事に走って来てくれた車両に感謝しお疲れ様!と言いたいところでしたが、この列車はそんなに休む時間も無く折り返し26分で特急ときわ67号として勝田へ走っていきます(;゚Д゚)

f:id:nantokacha:20200825143454j:plainf:id:nantokacha:20200825143459j:plain
さて後は地元まで帰るだけ。この時間の直通快速は東京始発のため、品川から乗る事は出来ず東京駅まで行かないといけません(;´Д`)
中途半端に時間があるので山手線で一駅・高輪ゲートウェイへ行ってみました(*^-^*)
f:id:nantokacha:20200825143505j:plain
品川から帰る時は横須賀線に乗っちゃうし、東京~品川間で山手線・京浜東北線に乗る事はあまり無いのでわざわざ行かないしねw

外国の駅のようなデザインの高輪ゲートウェイ駅。

f:id:nantokacha:20200825143512j:plainf:id:nantokacha:20200825143520j:plainf:id:nantokacha:20200825143527j:plainf:id:nantokacha:20200825143550j:plain
f:id:nantokacha:20200825143714j:plainf:id:nantokacha:20200825143728j:plainf:id:nantokacha:20200825143735j:plainf:id:nantokacha:20200825143742j:plain
AIによる案内や新型の自動改札機など、最新鋭の技術をこれでもかと詰め込んでいます。
f:id:nantokacha:20200825143557j:plainf:id:nantokacha:20200825143720j:plain
でもみどりの窓口は設置しないのね(^_^;)
f:id:nantokacha:20200825143639j:plainf:id:nantokacha:20200825143633j:plain
AIを活用して人件費を削減しようとしてるんだからそうなるわね。

指定席券売機を触ってみて気付いたけど、で株主優待による割引乗車券が発券出来る様になったなんて知らなかった!(゜o゜)

f:id:nantokacha:20200825143650j:plainf:id:nantokacha:20200825143656j:plainf:id:nantokacha:20200825143700j:plainf:id:nantokacha:20200825143707j:plain
これも最新技術?と思いきや、今年度発行の株主優待券から様式が変わってQRコードを読み込むことにより指定席券売機でも対応出来る様になったとか。
技術の進歩ってすごいっすなぁ。

駅の中を色々と見学して、記念に入場券買って帰路に。

f:id:nantokacha:20200825143714j:plainf:id:nantokacha:20200825143728j:plainf:id:nantokacha:20200825143735j:plainf:id:nantokacha:20200825143742j:plain
f:id:nantokacha:20200825143750j:plainf:id:nantokacha:20200825143756j:plainf:id:nantokacha:20200825143800j:plainf:id:nantokacha:20200825143806j:plain
f:id:nantokacha:20200825143819j:plainf:id:nantokacha:20200825143834j:plainf:id:nantokacha:20200825143841j:plainf:id:nantokacha:20200825143849j:plainf:id:nantokacha:20200825143856j:plain
f:id:nantokacha:20200825143900j:plainf:id:nantokacha:20200825143908j:plainf:id:nantokacha:20200825143913j:plainf:id:nantokacha:20200825143918j:plain
東京駅から直通快速に揺られて君津へ。乗り換えて17:30頃には帰宅となりました。
f:id:nantokacha:20200825143928j:plain
以上、4日間の東北旅行はおしまい。久々に旅を満喫出来ていい気分転換になりました。

コロナ禍で新しい生活様式を求められるので不自由な事もありますが、それぞれが気を付けることにより感染拡大防止に努め、
自粛ばかりでなく今まで通りの生活を少しずつ取り戻していかないことには経済が破綻してしまいます。
COVID-19の感染防止に対する考え方は人それぞれでしょうし、こうして能天気に旅に出るのはご意見があるとも思います。
しかしながら、旅好きとしては「自粛による経済活動の停滞」が招く観光業の廃業が一番怖いんですよね。
「落ち着いたら遊びに行きます」でもいいんですが、コロナが落ち着いた頃には何もかもが無くなっていてもおかしくはない。
感染防止に努め、少しでも経済を回せたらと言う思いで旅に出ている次第です。
今後とも気分転換に旅をさせてもらえばと思っておりますので、ご理解いただけると幸いです。

*1:正式には岩沼から日暮里。

ぼくのなつやすみ2日目~三陸の海の幸を求めて釜石・宮古へ~

この日は自分的3連休の2日目でした。
前日の盛岡競馬場観戦を終えて盛岡で迎えたこの日は三陸の海の幸を求めて釜石・宮古を巡り、再び盛岡に戻り新幹線で仙台に行く計画でした。
2泊お世話になったホテルを出発し、盛岡駅へ。
盛岡駅8:42発の釜石線直通快速はまゆり1号で釜石へと向かいます。

f:id:nantokacha:20200825132700j:plainf:id:nantokacha:20200825132708j:plainf:id:nantokacha:20200825132713j:plain
キハ110系の車両を用いて東北本線から釜石線に直通する快速はまゆり号。この日は3両編成
旧・急行「陸中」の車両をそのまま使用しているので、優等列車の様なリクライニングが出来る座席を備えた車両も充当されます。
指定席車両ならば確実にそのシートに座れると思ったので今回は指定席を手配しました。
f:id:nantokacha:20200825132720j:plainf:id:nantokacha:20200825132729j:plainf:id:nantokacha:20200825132734j:plain
だけど隣の2号車も同じ110系0番台のリクライニングシート車。そっちでもよかったな(^_^;)
まぁでも万が一混んでて座れなかった時のことを考えると確実な指定席がいいですな。たかだか530円だしw
盛岡から釜石までは2時間ちょっとの遠野みち。ビデオカメラを持ってきたので車窓の風景を撮影しながらノンビリ行きましょう♪
f:id:nantokacha:20200825132740j:plain

道中の動画はこちらに紹介しておきますのでまったりとご覧いただければそれが全てなのですがw、

【車窓動画】釜石線 快速はまゆり1号 盛岡~釜石 ほぼノーカット
定刻に盛岡駅を出発した快速はまゆり1号は釜石線の起点である花巻駅までは東北本線を走行します。
リクライニングシートは釜石線内の進行方向に合わせてあるのでそのままだと花巻までは逆向きに進みますw
勿論椅子は回転出来るのですが、動画は敢えてそのままにして撮影しましたw

列車は花巻駅に到着。進行方向を変えて釜石線を進みます。
釜石線は自分が新入社員だった頃に同期旅行で来た時に一度完乗しています。
その後2016年にSL銀河に乗って遠野まで行ってるらしいのですが、遠野から先に行くのはそれ以来。
久々なので楽しみですね♪

列車は釜石街道に沿う形で東へと進み、遠野駅へ。
f:id:nantokacha:20200825132753j:plain
この先、仙人峠の急こう配を越えるために「オメガループ」と呼ばれる変わった形のルートを通りつつ、盛岡駅から2時間8分で終点の釜石駅に到着。

f:id:nantokacha:20200825132758j:plainf:id:nantokacha:20200825132804j:plainf:id:nantokacha:20200825132822j:plain
ココからは三陸鉄道に移管された旧山田線の区間に乗って宮古に出るのですが、折角なので一本待って散策しましょう。

釜石と言えばラグビーと製鉄の街。駅にはラグビーワールドカップ2019日本大会の記念のモニュメントが飾られていました。

f:id:nantokacha:20200825134000j:plainf:id:nantokacha:20200825134008j:plainf:id:nantokacha:20200825134013j:plain
イオンタウンに用事があったので歩いて行くと途中には製鉄所が。
f:id:nantokacha:20200825132810j:plainf:id:nantokacha:20200825132841j:plain
旧・新日鉄(現・日本製鉄)の製鉄所が君津にある関係で、うちの地元辺りにもここ釜石や九州の八幡から引っ越して来られた方も多く、
親戚が居るわけではありませんが何となく親近感がある街でもあります(*^_^*)

駅から歩いて10分ちょっとでイオンタウンへ。買い物をして、ランチ。釜石と言えば釜石ラーメン。
昔からの有名店の一つだと言う大連さんに行ってみました。

f:id:nantokacha:20200825132920j:plainf:id:nantokacha:20200825132928j:plain
ラグビーの選手も多く訪れたらしく、ラグビーにちなんだ名前のメニューもありました(*^-^*)
f:id:nantokacha:20200825132933j:plainf:id:nantokacha:20200825132940j:plain
朝ご飯を食べ過ぎてあまりお腹が減ってなかったので、取りあえずチャーシューメンを頂きました。
f:id:nantokacha:20200825132944j:plainf:id:nantokacha:20200825132951j:plain
あっさりとしたスープに細縮れ麺。東北のラーメンって感じですね。

おいしくいただきました♪

ちなみにイオンタウンの隣にはライブハウス・釜石PITがあったり。

f:id:nantokacha:20200825132845j:plainf:id:nantokacha:20200825132857j:plainf:id:nantokacha:20200825132903j:plain
コロナが落ち着いたらココに来る機会が出来るといいなぁ。

さてのんびりしてたら列車の時間が迫って来ました(^_^;) 外はかなり暑いので大汗かきながら釜石駅へ戻ります。
f:id:nantokacha:20200825133937j:plain
釜石駅からは三陸鉄道リアス線に乗って宮古へと向かいます。

f:id:nantokacha:20200825132828j:plainf:id:nantokacha:20200825134018j:plain
釜石~宮古間は元々はJR東日本山田線だった区間でしたが、2011年の東日本大震災で甚大な被害を受け、しばらくの間運行不能になっていました。
復旧工事を経て、2019年3月に三陸鉄道に経営移管され、南北に分かれていたリアス線が久慈~盛間で一つに繋がったのでした。
この区間は新入社員の時の同期旅行で来て以来15年ぶりくらいかな。あの時はまだJR山田線でしたからね。
あの頃と比べると沿線の風景はすっかり変わってしまったと思いますが、久々に乗れるのを楽しみにしていました。
と言うわけで釜石駅12:18発の三陸鉄道線に乗って宮古へと向かいます。
f:id:nantokacha:20200825134023j:plain
三陸鉄道NHKの朝ドラあまちゃんのロケ地になったと言う事もあって大々的に紹介されていました。
f:id:nantokacha:20200825134031j:plainf:id:nantokacha:20200825134038j:plainf:id:nantokacha:20200825134044j:plainf:id:nantokacha:20200825134051j:plainf:id:nantokacha:20200825134108j:plain
車内にジュースの自販機があるのが何ともローカル鉄道らしくていいですね(*^-^*)
f:id:nantokacha:20200825134058j:plain
こちらも先程の釜石線と同じく、車窓の風景を動画に収めようとビデオカメラを回そうとしますが、ここで一つの問題が(^_^;)
いつもは窓側にカメラを置いて風景動画を撮影していたのですが、この車両は窓枠があって窓際にカメラを置くと撮影が出来ない(;゚Д゚)
小さな三脚を持ってくればよかったんですが忘れてたし。仕方ないので先程の自販機でジュースを買ってそれを台にして撮影に挑みました(;´Д`)
f:id:nantokacha:20200825134103j:plain
列車は定刻通りに釜石駅を出発し宮古へと向かいます。ココで撮影した風景動画もご紹介しますね。

【車窓動画】三陸鉄道リアス線 釜石~宮古 ノーカット
所詮は缶ジュース。不安定な場所に置いてあるので最初のポイントで大きくバランスを崩して倒れそうになります(;゚Д゚)
カメラが倒れない様にずっと押さえてるのがしんどかった(~_~;)

釜石駅を出て15分ほどで列車は鵜住居へ。
f:id:nantokacha:20200825134114j:plain
ココには釜石鵜住居復興スタジアムが建設されており、ラグビーワールドカップ2019日本大会の時はものすごい賑わいだったそうです。

三陸鉄道線は風光明媚な三陸海岸沿いを走るので景色はいいのですが、海岸線は津波のリスクと隣り合わせ。
東日本大震災の爪痕を見ると色々と考えさせられます。だいぶ復興して来ましたが、以前よりもさらに高い防潮堤などの防災設備が建設されていました。

f:id:nantokacha:20200825134124j:plainf:id:nantokacha:20200825134134j:plain
海岸線を走るのに海が見えないほど高い防潮堤。折角の風景が勿体ないけど、この地域に住む方々の命を守るためなら仕方ないかな。

列車は岩手船越駅にて反対列車との行き違いの為停車。
f:id:nantokacha:20200825134203j:plain
対向列車が遅れていたので6分ほど遅れて出発しました。

そして終着の宮古駅が近づいてきた時、手前の磯鶏駅に停車した時に反対側の車窓にSLの機関車が!(゜o゜)
f:id:nantokacha:20200825134213j:plain
近づいて写真を撮りたかったけど、ビデオカメラを押さえてなきゃならないので断念しました(;´Д`)

そして釜石駅から1時間半。列車は3分遅れで終点の宮古駅に到着しました!
f:id:nantokacha:20200825134220j:plain
宮古駅からは盛岡に戻るのですが、次の列車の出発は16:09。2時間以上空いてしまうのでバスで盛岡へ向かう事にしましょう。
乗り継ぎの時間を利用して駅前のキャトルにて新たな土産を発見し追加。
f:id:nantokacha:20200825134235j:plain
三陸の海の幸と言えば生うに。剥いた生うにを牛乳瓶に詰められたものは三陸ならではの限定品。
加工していない生うには賞味期限が短く、遠方まで流通しづらいのでこの辺りに行くと必ず買って来いと親に言われるのです。

生うにを調達したところでバスで盛岡を目指します。14:05発の盛岡駅行きの106急行バスに乗り込もうとしますが…やたらと人が多い(;゚Д゚)
世間では明日から4連休とか言われてますからねぇ。でもこの4連休は「自粛」と言われているので人の移動も少ないかな?と思ってたけど意外(^_^;)
バスが到着し乗り込んだんですが・・・かなりの混雑(;゚Д゚) 相席になる勢いだったので「密」を避けるために乗車を見送りました(~_~;)
基本、1時間に1本走ってるバスが昼間だけ2時間空くから混んだの?
f:id:nantokacha:20200825134323j:plain
まさかの事態に唖然( ゚Д゚) お年寄りが多くてビックリしました。

f:id:nantokacha:20200825134310j:plainf:id:nantokacha:20200825134314j:plain
バスを見送ったら1時間空いてしまったのですが、雨が降って来て外に出る気力が無くなったのでずっと待合室で待機。
そして1時間後のバスに改めて乗り込んで盛岡を目指しました。
f:id:nantokacha:20200825134331j:plain
このバスは10人くらいしか乗ってなかった。平日の昼間だしそんなもんでしょ?さっきのバスの混雑はなんだったのよ(-。-)y-゜゜゜

バスは時刻通りに宮古駅前を出発し盛岡へ向けて国道106号線を西へと進みます。
国道106号線は山間部を縫うように走り抜けていきます。山田線と閉伊川に沿って西へ。
今日の閉伊川は水量が多く流れが激しかったように思えました。前日雨が降ったのかな?

f:id:nantokacha:20200825134336j:plainf:id:nantokacha:20200825134352j:plainf:id:nantokacha:20200825134358j:plainf:id:nantokacha:20200825134407j:plainf:id:nantokacha:20200825134415j:plainf:id:nantokacha:20200825134420j:plain
高速道路は走らないものの「急行バス」と言う特性から盛岡~宮古間の都市間輸送の意味合いが強いと思っていましたが、
途中のバス停で降りる方がちらほらいて驚いた!(゜o゜)
f:id:nantokacha:20200825134346j:plainf:id:nantokacha:20200825134453j:plain
微々たる人数ですが需要はあるのね。山田線がやる気なさすぎだからなぁ…(^_^;)

国道106号線は全線を通じて整備が進められ、大規模な工事が行われていました。

f:id:nantokacha:20200825134428j:plainf:id:nantokacha:20200825134440j:plain
かなり険しい山間部が続く区間ですが、三陸海岸北部と盛岡の都市間移動・物流の需要は多く、道路の整備は急務のようです。
道路の整備によりモータリゼーションが進むのに対し、利用者を奪われ衰退する山田線。
f:id:nantokacha:20200825134449j:plain
ほぼほぼ並走する2つの交通機関の明暗がはっきり分かれているのが地方交通の現実なのでしょうね。

バスは途中の道の駅・やまびこ産直館でトイレ休憩のために停車。
f:id:nantokacha:20200825134433j:plain
そして区界を過ぎると峠道に差し掛かります。
区界峠もなかなかの勾配。大きく迂回するループのような道がその険しさを物語っています。

f:id:nantokacha:20200825134458j:plainf:id:nantokacha:20200825134505j:plainf:id:nantokacha:20200825134510j:plain
区界峠を越えると徐々に市街地へ。昨日行った盛岡競馬場からの帰り道に合流します。
そして宮古駅前を出てから2時間20分。盛岡駅に到着。今日は仙台に泊まるので盛岡駅から新幹線で仙台へと向かいます。
急ぐ旅でもないのですが、ちょっとだけ急ぎの用事があったので盛岡駅17:50発のこまち38号に乗り込みます。
f:id:nantokacha:20200825134515j:plainf:id:nantokacha:20200825134522j:plain
「急ぎの用事」とは昔仙台でバスに乗った時に買った宮城交通の「メルシーカードの残額を払戻するため。
f:id:nantokacha:20200825134528j:plainf:id:nantokacha:20200825134533j:plain
今はICカードが出来たために磁気カードは廃止になる流れが多く、残額の払い戻しの対象となっており、それが来年の3月までで終わるとのこと。
まだまだ仙台に行く機会はあるとは思うけど忘れがちなので忘れない様に払戻しようと思ったのです。
宮城交通の仙台駅前の案内窓口の営業時間が19時までなので次のやまびこだと間に合わなかったのです(^_^;)
はやぶさだと1駅なので速いですね。盛岡から40分で仙台に到着。
f:id:nantokacha:20200825134559j:plain
早速宮城交通の案内窓口で無事に払い戻しを受けてきました。
f:id:nantokacha:20200825134538j:plain
残額は430円だったけどカードの割引率で計算するので払い戻しは380円でした。まぁいいけど。

さて今晩の宿は仙台駅前のビジネスホテル。1泊3060円。立地を考えると安い方なのです。

f:id:nantokacha:20200825134555j:plainf:id:nantokacha:20200825134543j:plain

ホテルにチェックインして要らない荷物を預けて夕飯と行きましょう。
チェックインに想像以上に時間がかかってビックリ(;゚Д゚) 世間では明日から4連休だからでしょうか?
コロナの影響でホテル業界は閑古鳥が鳴いてると聞いていましたが、この東北旅行の3泊では平日とは思えないような宿泊客の数でそんな感じはしませんでしたが(^_^;)

モーニング娘。'20の北川莉央さんのグラビアがあると言う事を聞き、タワレコアップトゥボーイを買って来たw
ちょっと遅くなったけどB.O.L.Tのアルバムもね。

f:id:nantokacha:20200825134703j:plainf:id:nantokacha:20200825134709j:plain
そして夕飯は仙台のB級グルメとして有名だと言う「マーボー焼きそば」を食べに泰陽楼へ。
f:id:nantokacha:20200825134606j:plainf:id:nantokacha:20200825134629j:plain
仙台駅からアーケードに入って割とすぐにあるのに、路地裏にあるから自分みたいな観光客には分からないよねw
この古びた佇まいはなかなかに敷居が高いし(^_^;)
店内は広くないので5~6人でもそこそこ混んでる感じ。早速マーボー焼きそばをいただきます。
f:id:nantokacha:20200825134633j:plainf:id:nantokacha:20200825134640j:plainf:id:nantokacha:20200825134655j:plain
これ、見た目普通のマーボー丼ですが、端で少し探ってみるとなるほど焼きそばの麺。これは面白い(・∀・)
山椒の辛さは得意ではないのであまり麻婆豆腐は食べないのですが、自分にはちょっとだけ苦手な辛さだったけどおいしかったっす♪
他にも多くの中華料理屋さんで提供されていると言う仙台の隠れたB級グルメ。ほかの店のも食べてみたいですね(*^-^*)

お腹も満たされたところでホテルに戻って風呂に入り晩酌。ホテルの近くにあったやまやで買って来た酒を頂きます。
盛岡でやったご当地ハイボール選手権でちょっと飲み過ぎたので今日は控えめに缶チューハイで(^_^;)

仙台と言ったらご当地ウイスキーがあるのでココでこそご当地ハイボール選手権の出番なんでしょうけど、やまやにウイスキーが無かったの(;゚Д゚)
朝ドラ「マッサン」効果でウイスキーの需要が急激に高まったために製造が追いつかず、昨年あたりから「伊達」の欠品が相次いでいましたが、
遂に「宮城峡」の方も入手困難になってしまったのですね(;´Д`)

たまたま見つけたレゲエパンチが仙台のご当地カクテルだとは知らなかったよ(゜o゜)

f:id:nantokacha:20200825134714j:plainf:id:nantokacha:20200825134721j:plain
台湾のパイナップルビールシャンディガフを飲んでるような甘さ。
f:id:nantokacha:20200825134726j:plain
なんやかんやで今日も飲み過ぎました←
f:id:nantokacha:20200825134734j:plainf:id:nantokacha:20200825134739j:plain
こんな感じで東北旅行3日目の夜はおしまい。明日は旅の最終日。在来線でのんびりと帰ります。
引き続き、感染症拡大防止対策を万全に整え、最後まで気を引き締めて旅を続けたいと思います。

ぼくのなつやすみ1日目~盛岡競馬場でマーキュリーカップを観戦~

この日はお休み。翌日の有給休暇を絡めて3連休でした。
早めの夏休みと言う事で東北に旅に出た1日目は久々に入場を再開した競馬場で重賞レースを観戦してきました。
コロナ禍で色々と我慢させられ退屈な日々を送って来ましたが、少しずつ取り戻してきた「日常」が嬉しかった。

早めの夏休みを獲得出来たことで計画した東北旅行。仙台でのライブが中止になってしまったのは残念ですが、
それ以外の行程は予定通りに行うことに決め、東北を目指し前日に新幹線に乗って盛岡までやって来ました。
そして迎えたこの日は盛岡競馬場に行って競馬観戦。久々に目の前で走る馬の姿を見てきます!

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で3月より観客の入場を制限し「無観客競馬」が開始された中央競馬及び地方競馬
東京・名古屋・大阪・福岡と言った都市圏では感染拡大はなかなか落ち着かず、7月になっても入場制限は解除されずにいますが、
ある程度感染拡大が落ち着いてきた北海道の帯広競馬岩手県盛岡競馬にて観客の入場が再開される事になりました。




感染拡大防止のため様々な対策が取られ、「今まで通り」とはまだ難しいものの、少しずつかつての日常を取り戻そうと言う流れは嬉しいものです。

そしてこの日は観客を入場させての競馬が再開されて初めての交流重賞マーキュリーカップが行われます。
ちょうどいいタイミングだったのでこの日は競馬観戦をメインに行動することにしました。
勿論、自分自身も感染拡大防止対策を徹底し、体調を整え、万全の態勢で挑みます!

前日から盛岡入りして迎えたこの日の朝。競馬ファンの朝は早い。前日結構飲んだけど早起き出来たので行動を開始します。
朝ご飯は盛岡と言ったらの福田パン。早起き出来たら本店のある福田町まで買いに行きたかった所ですが、
起きられる自信が無かったのと西口にあるホテルからだと地味に遠いので前日のうちに駅ナカで買っておきました( `ー´)ノ

f:id:nantokacha:20200722155224j:plainf:id:nantokacha:20200722155233j:plain
3個買って全部食べ切れそうだったけど、競馬場グルメも楽しみたいので1個は翌朝のために取っておきますw
朝ご飯を食べてお腹を満たしたところでいざ盛岡競馬場!反対側の東口から出る無料送迎バス乗り場へと向かいましょう。

この日は重賞レースが組まれていると言う事もあってか盛岡駅からのバスの始発便は9:00
競馬場の開門は10:00なので急ぐことは無いが折角なので指定席を買いたかったので早めの出発。
平日だしそんなに早くから行く人も居ないだろう・・・と思ってたら案外多くてビックリ!(゜o゜)
f:id:nantokacha:20200722155242j:plain
土日を挟んで木曜日からまた4連休。平日は3日しか無い週の真ん中。よく休めるよね(^_^;)
人の事は言えないけど大半が遠征の人っぽい。「始発の新幹線で間に合った」とか言う会話も聞こえてきた。
自分も含め、見た感じよそ者ってすぐにバレるけど、そう言う事はあまり大きな声で話さない方がいいと思うけどね…(;´・ω・)

さて出発時刻の5分前にバスが到着。前の人から順番に乗り込みます。
f:id:nantokacha:20200722155251j:plain
時刻は8:55。平日だしまだまだ通勤時間帯。仕事に行く雰囲気はゼロの皆様wまぁある意味コレも「推し事」か(ノ∀`)

始発便は2台立てで合計30人くらいは乗ってたのかな。多いのか少ないのかw 盛岡駅から30分ほどで盛岡競馬場に到着。
バスを降りて目の前が指定席の発売窓口入口と一般入場列入口に分かれる感じだったのでまずは指定席の窓口へ。
そんなに混まないだろうけど、折角だから指定席に入りましょう。入場料も無料だし、せめてもの課金です( `ー´)ノ
f:id:nantokacha:20200722155354j:plain
ちなみに盛岡競馬場の指定席の購入方法はホワイトボードから座席番号が書かれたプレートを取って窓口で引き換えるシステム。

f:id:nantokacha:20200722155359j:plainf:id:nantokacha:20200722155404j:plain
指定席に入るのは初めてだしどこがいいのかよく分からないけど、折角なので一番高い席を買ったw

競馬場の開門時刻は10:00。開門まであと25分。新型コロナウイルスの感染拡大防止対策で入場待機列もソーシャル・ディスタンスを取って。

f:id:nantokacha:20200722155417j:plainf:id:nantokacha:20200722155422j:plain
自分の前に並んだ人は40人くらい?多いとみるか少ないとみるか?一応、ド平日の朝なんですけどね(/・ω・)/

並んでいる間に係の人が手指の消毒のために消毒液をかけに来てくれたり、入場時にも検温を行いますとアナウンスするなど、対策は万全。
ココまで来る様な人はある程度は分かってるので大きな混乱もなくおとなしく待ってました。
そして開門予定時刻10分前に突如として開門(;゚Д゚) 開門の様子を動画に撮ろうとしてたので慌ててカメラ構えた(;・∀・)


競馬場の開門待ちしたの久々だったけど、入場時に検温があって一列ずつ待機させられるのでゆっくりとした進行。
開門ダッシュするような雰囲気はないのでみんなゆっくりと入場していきました(*^_^*)

競馬場の開門と言えば、自分がYouTubeに公開してる動画の中で一番再生回数が多いのがコレ↓w

小倉競馬場開門ダッシュ 2018.2.10
GⅠレースの開門ダッシュとかじゃないから緩いですけどねw

検温も無事に通過し、ようやく競馬場の中へ。1月末に会社の人たちと中山競馬に行って以来、半年ぶりの競馬場だぁ(≧▽≦)

f:id:nantokacha:20200722161350j:plainf:id:nantokacha:20200722161414j:plainf:id:nantokacha:20200722162215j:plain

「感染拡大防止="密集を避ける""ソーシャル・ディスタンス"の観点から、盛岡競馬場の場内においても様々な対策が施されていました。
パドックやスタンドの最前エリアの入場は規制され、それ以外のエリアも人を分散させるように規制エリアを設置。

f:id:nantokacha:20200722161359j:plainf:id:nantokacha:20200722161404j:plainf:id:nantokacha:20200722161427j:plainf:id:nantokacha:20200722161432j:plain
屋外のスタンドは使用できる座席数を大幅に削減していました。
f:id:nantokacha:20200722161418j:plainf:id:nantokacha:20200722161423j:plain
競馬場と言えばタダでお茶が飲める給茶機。こちらも使用停止に。
f:id:nantokacha:20200722162248j:plainf:id:nantokacha:20200722162254j:plain
馬券購入の発券機の列も密集しない様に配慮するよう案内がありました。
f:id:nantokacha:20200722162235j:plain
まぁ、これだけ広いスペースを有する競馬場ですから、来客者一人一人が気を付ければ無理に密集状態が形成されることは無いと思いますけどね。

イベントなどが行われるステージがあるアトリウムにある座席も間隔を取ってソーシャル・ディスタンスを確保。
f:id:nantokacha:20200722162303j:plain
朝早いし誰も居なかったw

さて折角指定席を買ったのですから、指定席エリアに入場しましょう。
今回購入したのは一番値段の高いG席。

f:id:nantokacha:20200722162439j:plainf:id:nantokacha:20200722162446j:plain
見晴らしもいいし席の幅も広いのでゆったりできるけど、ゴールに一番近いエリアってわけではないのね(^_^;)
隣の席は使えない様に封鎖されていました。
f:id:nantokacha:20200722162501j:plain
グループで使えるF席も2人までなのかな。
f:id:nantokacha:20200722162506j:plain
盛岡競馬場の定員は6000人らしいのですが、コロナ対策中は半分の3000人に絞って入場させていくそう。
この「定員」ってスタンド屋内の収容人数だと思うんですよね。果てしなく広い競馬場。
関東の競馬場の10万人とか経験してる人間からしたら、盛岡競馬場でも3万人は入れるでしょうw
そんなに多くの人が集まるかどうかは別として。*1

指定席エリアのメリットは専用の発券機が用意されていることもありますが、
f:id:nantokacha:20200722162514j:plain
何と言っても「フリードリンク」が用意されていることでしょう。

f:id:nantokacha:20200722162523j:plainf:id:nantokacha:20200722162536j:plainf:id:nantokacha:20200722162542j:plain
こちらの方は一般席の給茶機とは違い規制されておらず、飲んでいい数も特に決まってないのでめっちゃお世話になりました(≧▽≦)

さて、今回は指定席エリアを拠点にしつつ、競馬場をウロウロしながら一日楽しむことにしましょう!
f:id:nantokacha:20200722162454j:plain
いつもの様に軍資金は1万円
f:id:nantokacha:20200722162552j:plain
前半のレースは基本4頭選んで3連複・ワイドのBOXで1R1000円ずつの投資。
1万円とは別に複勝コロガシ」で遊ぶことにします(=゚ω゚)ノ

折角久々に競馬場に来たので、馬に会いに行く事にしましょう。1Rの予想を済ませたら指定席エリアを脱出してまずはパドックへ。
久々にパドックを歩いている馬を間近で見るとなんか嬉しかったな。競馬ファンとしての「日常」が少し戻って来た気がします。

しかし朝から日差しが強くて暑い(;゚Д゚) 今日、曇りから雨の予報じゃなかったっけ?
まぁでも雨が降り続けるよりはいっか。出走馬がパドックから本馬場入場へと向かっていったのでこちらもスタンドへと向かいます。
ちなみに1Rの馬券はこんな感じ。

f:id:nantokacha:20200722165834j:plainf:id:nantokacha:20200722165840j:plain
無難に1~3番人気と9番人気の穴。どうなるでしょう?
人気を集めていたのが中央競馬で何戦か走って掲示板にも乗れず惨敗した馬たち。いわゆる未勝利戦にしたってこの戦績の馬同士の戦いは難しい(;゚Д゚)

1レースはスタンドにて観戦。目の前を馬が走り抜けていくのを見られるのも久々でした。


今までは当たり前の光景だったけど、それがこんなにもありがたい事になるなんて、半年前の自分は想像してなかったっす( ;∀;)

結果は1-2-4番人気と手堅い決着。当たってもワイド130円じゃなぁ(;´・ω・)
f:id:nantokacha:20200722165844j:plain
複勝は元返しだったので転がらなかった(-_-)

2Rの馬券を買ったところで早めのお昼ご飯。折角なので競馬場グルメを堪能しましょう。
昼時で混まないうちにフードハウス・屋台村へ。
f:id:nantokacha:20200722165937j:plain
競馬場グルメ、何にしようか悩んだけど、結局じゃじゃ麺( `ー´)ノ

f:id:nantokacha:20200722165943j:plainf:id:nantokacha:20200722165951j:plainf:id:nantokacha:20200722170015j:plain
「食べ方知ってる?」っておばちゃんに聞かれたけど「何とかなります」ってもらってきたw
正しい食べ方は知らないけど、自分なりにカスタマイズして食べるのは知ってる。と言うか人それぞれだから「正しい食べ方」なんて無いでしょ(*´з`)
酢とラー油でどんどん味を濃くしてったらかなり辛くなっちゃったけどおいしくいただきました♪

まだ食えそうだったんで盛岡競馬場の名物と言うジャンボ焼き鳥を。こちらは指定席にテイクアウトします(*´з`)
f:id:nantokacha:20200722170303j:plain

飯食ってたら2Rが始まってしまったので慌ててスタンドへ(;゚Д゚) 馬券はこんな感じ。

f:id:nantokacha:20200722165915j:plainf:id:nantokacha:20200722165931j:plain
結果は・・・かすりもしなかった(-_-) 複勝コロガシはちょっとだけ増えたw

外は暑いし、何よりマスクしてウロウロするのしんどいので3R以降は涼しい指定席エリアへ。
先程のジャンボ焼き鳥をいただきます。

f:id:nantokacha:20200722170309j:plainf:id:nantokacha:20200722170313j:plain
1本500円だけどめっちゃデカい(゜o゜) 2本食べたらかなりお腹いっぱいになりました。

3Rの馬券はこんな感じ。

f:id:nantokacha:20200722170513j:plainf:id:nantokacha:20200722170518j:plain
直前で切った4番が来て安定の2着3着4着(~_~;) ワイド740円付けば少しはマシか。
f:id:nantokacha:20200722170524j:plain
複勝は1.7倍なので少し転がった(/・ω・)/
f:id:nantokacha:20200722170531j:plain
4Rの馬券はこんな感じ。複勝コロガシは懐かしい名前の馬にしてみた。
f:id:nantokacha:20200722170550j:plainf:id:nantokacha:20200722170555j:plain
2番人気だから大丈夫でしょ?と思ったらスタートから全然付いていけなくてまさかのシンガリ負け(;゚Д゚)
複勝コロガシは4Rで終了でした( ;∀;)
連勝式の馬券の方はこれまた2-3着のワイドのみ430円。なかなか難しいね・・・。
f:id:nantokacha:20200722170603j:plain
ミクアンドモーがあっけなく惨敗してしまったのは連闘だったからかぁ・・・と振り返ったら出走馬の殆どが連闘(;゚Д゚)
f:id:nantokacha:20200722170608j:plainf:id:nantokacha:20200722170619j:plain
出走馬9頭中5頭が連闘、残り4頭も中一週。ミクアンドモーに関しては6週連続の出走(;・∀・)
そりゃ疲れるよね。地方競馬の闇を少し垣間見た気がしました(^_^;)

気を取り直して5R。無難に1~4番人気で固めてみる。
f:id:nantokacha:20200810153524j:plain
そういう時って5番人気が勝つのよね(~_~;)
f:id:nantokacha:20200810153528j:plain
流石に地方競馬はよく分からんwワイド540円を回収。

6Rは楽天競馬杯ポイント貯まる賞」。普段地方競馬楽天ポイントを貯める為に楽天競馬を利用しているのですが、
このレースに関してはポイント還元率が10%のサービスレースなので楽天競馬にて購入。
9頭立てのうち近走で3着以内の成績を収めている4頭を単純にチョイス。
f:id:nantokacha:20200810153547j:plain
そしたら近走の成績が全く振るわない5番が逃げ切っちゃうんだもんなぁ(;゚Д゚)
f:id:nantokacha:20200810153551j:plain
2-3着のワイド620円をゲット。そろそろ3連複を当てたいわ(^_^;)
f:id:nantokacha:20200810153557j:plain

7Rは「ヤングジョッキーズシリーズTR盛岡第1戦」。デビュー2年以内の若手ジョッキーの交流戦と言う事で各地の若手騎手が集う一戦です。
折角なのでパドックに写真を撮りに行きましょう( `ー´)ノ

昼頃に降った雨で足元は少し濡れているものの晴れ間が戻って蒸し暑い(^_^;) そしてソーシャル・ディスタンスを確保するためのバリケード
微妙な距離感を作って撮影がしづらい(;´Д`)
f:id:nantokacha:20200722162623j:plain
平日の真昼間とは思えないほどのカメコガチ勢がパドックの上手側に集っていたのでショボいコンデジでは戦々恐々としながらも撮影を頑張る。
f:id:nantokacha:20200810153644j:plain
天気のいい屋外ならやっすいコンデジでもそこそこの写真は撮れてるっしょ(*´ω`*)

競馬場でのカメラマン活動は川崎記念以来半年ぶり。久々のパドック撮影とこの距離感で上手く撮れなかったけど、何枚かご紹介します。

f:id:nantokacha:20200810153718j:plainf:id:nantokacha:20200810153723j:plainf:id:nantokacha:20200810153803j:plainf:id:nantokacha:20200810153809j:plainf:id:nantokacha:20200810153814j:plain
f:id:nantokacha:20200810153829j:plainf:id:nantokacha:20200810153833j:plainf:id:nantokacha:20200810153843j:plainf:id:nantokacha:20200810153849j:plain
パドックをグルっと回ってくれるわけではなく、カメコ勢が多い上手側を避ける様に途中で折り返してしまうので上手く撮れなかった(~_~;)

岩手と言えば関本玲花騎手。かわいかった(*´ω`*)

f:id:nantokacha:20200810153906j:plainf:id:nantokacha:20200810153911j:plainf:id:nantokacha:20200810153915j:plainf:id:nantokacha:20200810153920j:plainf:id:nantokacha:20200810153924j:plain
折角屋外に出たので7Rはスタンドで観覧。色んな世界のガチ勢が見守る中、ゴール前で待機w
f:id:nantokacha:20200810154006j:plain
レースは原優介騎手騎乗のメイショウリボベジが差し切って1着!2着は小林脩斗騎手のメイクミーラフ。3着は菅原明騎手とJRA勢が上位を占めました。
最後の直線のシーンの写真も撮ってみた。けどコレはまだまだ勉強が必要ですね。連写使ってないしw
f:id:nantokacha:20200810154011j:plainf:id:nantokacha:20200810154016j:plainf:id:nantokacha:20200810154020j:plain
オッズ的にはブービー人気とシンガリ人気のワンツーで大波乱!(゜o゜)
f:id:nantokacha:20200810154024j:plain
3連単125万超えとは盛岡競馬としてはかなりの高配当なんじゃない?こんなん買えんわ(/・ω・)/
f:id:nantokacha:20200810154029j:plainf:id:nantokacha:20200810154034j:plain
スタンドで歓喜の声を挙げてる人が居てちょっと物議を醸していましたけど、原騎手の追っかけかな。
そういう人じゃないとこういう馬券は買えないわなぁ(~_~;)
中央競馬で100戦以上戦って1勝しか出来ていない原優介騎手、2勝目おめでとう(*´ω`*)
f:id:nantokacha:20200810154100j:plain
折角外に出たので再び屋台村へ。競馬場と言えばモツ煮やホルモン。盛岡の名物の一つと言われるホルモンを買ってみました。
f:id:nantokacha:20200810154636j:plainf:id:nantokacha:20200810154640j:plain
よく煮込まれたホルモンは味が染みておいしい。酒が欲しくなるけど暑い日中に酒を飲むと汗が止まらなくなるので自重(^_^;)
指定席に戻って8Rを見るべく、ホルモンは持ち帰りとしました。

8RはヤングジョッキーズシリーズTR盛岡の第2戦。考えても分からないので実績上位っぽい馬と先程の原騎手を買ってみたw
f:id:nantokacha:20200810154646j:plain
結果は・・・またもや原優介騎手と小林脩斗騎手のワンツー!(゜o゜) 今度は人気通りの決着。もうわかんない(;´Д`)
f:id:nantokacha:20200810154650j:plain
いきなり2連勝した原騎手、盛岡に転籍したほうがいいんじゃない?←

そろそろ3連複を当てたいと思いつつもあまりにも当たらない事に心が折れかけてきた9R(;´Д`)
逆転を狙って1番人気を外しやや穴狙いで挑みましたが・・・。
f:id:nantokacha:20200810154658j:plain
結果は1番人気の1番が勝利。2-3着を的中出来たものの560円じゃトリガミ(~_~;) ワイドは付かねぇなぁ(ノ∀`)
f:id:nantokacha:20200810154704j:plain

さて次はいよいよメインレースのマーキュリーカップパドックを見ながら写真を撮りましょう。
f:id:nantokacha:20200810154814j:plain
メインレースともなるとだいぶ人が増えてきましたね!(゜o゜)
f:id:nantokacha:20200810154819j:plain
最前列部分は閉鎖されてるので微妙な距離感。これも早く取り払われるといいんだけどなぁ。
f:id:nantokacha:20200810155703j:plain
さて各馬の写真をご紹介します。

1枠1番ランガディア

f:id:nantokacha:20200810154854j:plainf:id:nantokacha:20200810154900j:plain
2枠2番ディグニファイド
f:id:nantokacha:20200810154916j:plainf:id:nantokacha:20200810154920j:plain
3枠3番マスターフェンサー
f:id:nantokacha:20200810154945j:plain
3枠4番ヤマショウブラック
f:id:nantokacha:20200810155035j:plainf:id:nantokacha:20200810155049j:plainf:id:nantokacha:20200810155100j:plainf:id:nantokacha:20200810155123j:plain
4枠5番リンノレジェンド
f:id:nantokacha:20200810155153j:plainf:id:nantokacha:20200810155157j:plain
4枠6番センティグレード
f:id:nantokacha:20200810155236j:plainf:id:nantokacha:20200810155246j:plainf:id:nantokacha:20200810155251j:plain
5枠7番アポロテネシー
f:id:nantokacha:20200810155405j:plainf:id:nantokacha:20200810155410j:plain
5枠8番ヒストリーメイカ
f:id:nantokacha:20200810155425j:plainf:id:nantokacha:20200810155430j:plain
6枠9番デルマルーヴル
f:id:nantokacha:20200810155440j:plainf:id:nantokacha:20200810155445j:plainf:id:nantokacha:20200810155450j:plain
6枠10番キタノイットウセイ
f:id:nantokacha:20200810155507j:plainf:id:nantokacha:20200810155512j:plainf:id:nantokacha:20200810155533j:plain
7枠11番アリオンダンス
f:id:nantokacha:20200810155522j:plainf:id:nantokacha:20200810155546j:plain
7枠12番ヨシオ
f:id:nantokacha:20200810155601j:plainf:id:nantokacha:20200810155606j:plainf:id:nantokacha:20200810155610j:plain
8枠13番ナラ
f:id:nantokacha:20200810155633j:plainf:id:nantokacha:20200810155637j:plainf:id:nantokacha:20200810155642j:plain
8枠14番アドマイヤメテオ
f:id:nantokacha:20200810155646j:plainf:id:nantokacha:20200810155652j:plainf:id:nantokacha:20200810155657j:plain
久々のパドックカメコ活動、かなり腕が鈍ってるな(;゚Д゚) まぁ安いコンデジではプロの皆様には勝負になるわけもありませんが。

パドックの動画はこんな感じ。

馬体のチェック、写真撮影、応援。思い思いの目的でファンがパドックを見つめる中、各馬に騎乗するジョッキーたちが整列し、騎乗。

パドックの最終周回は騎手を背にして、レースに向けて気合いを高めます。

f:id:nantokacha:20200810155819j:plainf:id:nantokacha:20200810155823j:plainf:id:nantokacha:20200810155828j:plainf:id:nantokacha:20200810155832j:plain
f:id:nantokacha:20200810155836j:plainf:id:nantokacha:20200810155841j:plainf:id:nantokacha:20200810155846j:plainf:id:nantokacha:20200810155850j:plain
f:id:nantokacha:20200810155854j:plainf:id:nantokacha:20200810155859j:plainf:id:nantokacha:20200810155904j:plainf:id:nantokacha:20200810155928j:plainf:id:nantokacha:20200810155932j:plain
ヨシオの気合いが(;゚Д゚)
f:id:nantokacha:20200810155909j:plainf:id:nantokacha:20200810155914j:plainf:id:nantokacha:20200810155919j:plainf:id:nantokacha:20200810155924j:plain
盛岡競馬場パドック本馬場とつながっているのでそのまま本馬場入場へと続きます。
ガチ勢はダッシュして追いかけますが、自分は馬券を買いますw

マーキュリーカップ楽天競馬でポイント10%還元だったのでネットで投票しました。自分の買った馬券はこんな感じ。
f:id:nantokacha:20200810160056j:plain
もう少し絞れば点数を減らせるんですが、この6頭を外せなかった(^_^;) 3連単に手を出すと点数が増えるので買い過ぎました(;゚Д゚)
あと現地応援馬券としてヨシオを応援しますw
f:id:nantokacha:20200810155937j:plain
レースは屋外スタンドで観戦。空いてるのでゴール前に行ってもよかったのですが、動画を撮ってみたかったのでスタンド席の上の方へ。

f:id:nantokacha:20200810155941j:plainf:id:nantokacha:20200810155946j:plain
重賞とは言え平日。のんびりとした雰囲気ですね(*^_^*)

多くの人が見守る中、いよいよ発走時刻。盛岡競馬場に重賞競走のファンファーレが鳴り響きます!


生演奏でこそないけど、競馬場で生でファンファーレを聞く。今までは当たり前の日常だったけど、コロナのせいでしばらく体験することが出来なかった。
久々に聞けてなんか嬉しかったな。

そしてマーキュリーカップがスタート!

f:id:nantokacha:20200810155952j:plainf:id:nantokacha:20200810160002j:plainf:id:nantokacha:20200810160027j:plain
各馬一斉に飛び出して、1周目の直線スタンド前からゴール版を通過します。
f:id:nantokacha:20200810160007j:plain
そして最後の直線へ!
レースは川田騎手騎乗のマスターフェンサーが圧倒的人気に応えての勝利。2着はデルマルーブル。3着は地元岩手のランガディアが頑張りました!
自分の馬券の方も上位3頭を買ってるので完璧な的中!(≧▽≦) ここまでの負けをだいぶ取り返しました♪
f:id:nantokacha:20200810160101j:plainf:id:nantokacha:20200810160056j:plain
メインレースが終了すると帰っていく人も多いですが、折角盛岡競馬場に来たので芝のレースも見てみたい。
この後組まれてる11Rが芝のレースなのでここまで見て帰る事にしましょう。
ちなみに馬券はもうそこまでやる気が無くなったのでラスボスの複勝だけ買ってみるw
f:id:nantokacha:20200810160143j:plain
レースは芝1600mで行われます。
f:id:nantokacha:20200810160122j:plain

基本、ダートしか走った事のない馬たちなので芝のレースがあっても適性がわかんないよね(^_^;)
結果は1番人気のアイアンクローが優勝。ラスボスは6着でした(;´Д`)

最終レースだけ残っていますがこれ以上負けるのもアレだし流石に疲れもあるのでこの辺で退散しましょう。

盛岡競馬場にはJRAの場外馬券売り場・ウインズ盛岡があります。

f:id:nantokacha:20200810160213j:plainf:id:nantokacha:20200810160218j:plain
コロナウイルスの感染が少ない北海道・東北のウインズは少しずつ再開していますが、全国的な再開はまだまだ先。
ウインズのスタンプラリーも中断したまま。早く再開して欲しいなぁ。

なんやかんやで1日楽しませてもらった盛岡競馬場を後にして帰路に着きます。
地方競馬とは思えないような豪華な設備のOROパーク。また遊びに来ます!

f:id:nantokacha:20200810160225j:plainf:id:nantokacha:20200810160229j:plain

帰りも盛岡駅までのバスに乗車。
f:id:nantokacha:20200810160233j:plain
メインレースが終わったらみんな帰っちゃったのか。それとも最終レースまで楽しむのか。
この時間のバスは5人くらいしか乗ってなかった(^_^;)

帰りも30分ほどバスに揺られて盛岡駅へ。早いけど夕飯を食べることにしましょう。
折角なのでぴょんぴょん舎盛岡冷麺にチャレンジ。

f:id:nantokacha:20200810160246j:plainf:id:nantokacha:20200810160250j:plain
冷麺って「焼肉の〆」のイメージだけど、単品で頼むのはアリなのかな?
f:id:nantokacha:20200810160256j:plainf:id:nantokacha:20200810160300j:plain
酸味の効いた生のキムチは苦手なので・・・食べる前から分かってはいたけど、正直自分には好みではなかったな(;・∀・)
盛岡の三大麺のうち、冷麺だけ食べようと思わなかったのはそう言う事です。こればっかりは好みの問題なのでやむなし。

冷麺を食べたあとは駅周辺のスーパーやコンビニで酒のつまみと割り材を買って、ホテルに戻って風呂に入ってサッパリ。
そして昨晩の続きとなる「ご当地ハイボール選手権」岩手編の第2夜を開催します!(・∀・)
本日のラインナップはこんな感じ。
f:id:nantokacha:20200810160304j:plain
面白そうな変わり種をいくつか見つけたので楽しく飲みましょう(≧▽≦)

おっと、酔っ払う前に今日の競馬の収支を集計しておきましょう。
まずは現地で買った紙の馬券は8000円。払い戻しは2890円でした。

f:id:nantokacha:20200810160133j:plainf:id:nantokacha:20200810160138j:plainf:id:nantokacha:20200810160148j:plain
そして楽天競馬で勝ったネット投票分が7000円の購入で10280円の払い戻し。
f:id:nantokacha:20200810153557j:plainf:id:nantokacha:20200810160106j:plain
合計15000円購入で13170円の払い戻し。マイナス1870円

複勝コロガシは1000円スタートで合計5200円の投資に対し4240円の払い戻しでマイナス960円
ヨシオとかラスボスとかは遊び馬券として除外するとしたら、トータルでマイナス2790円でした。
合計11R遊び続けて楽しんだんだから、十分ですね(*^_^*)

さて、ご当地ハイボール選手権・岩手編 第2夜の0杯目は岩手ラベルのコカ・コーラ

f:id:nantokacha:20200810160410j:plainf:id:nantokacha:20200810160430j:plain
風呂上がりの喉を潤すために駆け付け1杯で飲みましたが、コレは別にご当地ジュースでも何でもないので、
ご当地ハイボールにはカウントせず「0杯目」とします(*´з`)

ここからが本番。ご当地ハイボール選手権・岩手編 第2夜の1杯目は和賀郡西和賀町・湯田牛乳公社さんの「湯田牛乳カフェオレ」

f:id:nantokacha:20200810160442j:plainf:id:nantokacha:20200810160447j:plainf:id:nantokacha:20200810160453j:plainf:id:nantokacha:20200810160458j:plain
乳製品で酒を割るのがご当地ハイボール選手権のお気に入りなのですが、優しい甘さのカフェオレはとっても飲みやすい。
カルアミルクのような飲みやすさであっという間に飲み干しましたが、一気に酒が回るので危険ですね(;゚Д゚)

2品目はみちのくコカ・コーラボトリング(株)のい・ろ・は・すブルーベリー」

f:id:nantokacha:20200810160503j:plainf:id:nantokacha:20200810160509j:plainf:id:nantokacha:20200810160514j:plainf:id:nantokacha:20200810160519j:plain
どこにでもあるい・ろ・は・すシリーズかと思ったら花巻の工場製なのでれっきとした「ご当地ドリンク」(・∀・)
スーッと爽やかなブルーベリーはめっちゃ飲みやすかった。
ハッカのような、爽やかさの中に少しだけクセがあったけどおいしくいただきました♪

ご当地ハイボール選手権・3品目は下閉伊郡田野畑村・(一社)田野畑村産業開発公社さんの「岩手たのはた美味しいのむヨーグルト」

f:id:nantokacha:20200810160523j:plainf:id:nantokacha:20200810160528j:plainf:id:nantokacha:20200810160532j:plainf:id:nantokacha:20200810160537j:plain
昨日飲んだ別の飲むヨーグルトよりは濃くなくて飲みやすい一杯。
でも氷が少し溶けて薄まるくらいの方がハイボールとしてはおいしくいただけますね。(酒の量を増やすと言う選択肢は流石に危険w)

ご当地ハイボール選手権・今晩の4品目は岩泉町・岩手ホールディングス(株)の龍泉洞地サイダー

f:id:nantokacha:20200810160542j:plainf:id:nantokacha:20200810160547j:plainf:id:nantokacha:20200810160552j:plainf:id:nantokacha:20200810160557j:plain
昨日飲んだ龍泉洞の水のサイダーバージョン。澄み切った綺麗な水に仄かな甘みを加えサイダーとして普通においしい。
これで焼酎を割ったらハズレなし。ただ、最近は炭酸水のハイボールを好むようになったので、甘みのある飲みやすさは危険(;゚Д゚)

続きまして5品目は軽米町・株式会社軽米町産業開発の「さるなしドリンク」

f:id:nantokacha:20200810160602j:plainf:id:nantokacha:20200810160607j:plainf:id:nantokacha:20200810160612j:plainf:id:nantokacha:20200810160617j:plain
「さるなし」とはマタタビ科の植物でその実を使ったジュース。
f:id:nantokacha:20200810160643j:plain
初めて聞きましたが、コレはかなりクセのある味だ(゜o゜)
果実の甘みと言うよりは完熟してない実の青臭さが強く、初めて味わう不思議な感覚でした。

そして6品目は雫石町小岩井乳業小岩井牛乳

f:id:nantokacha:20200810160621j:plainf:id:nantokacha:20200810160625j:plainf:id:nantokacha:20200810160631j:plainf:id:nantokacha:20200810160637j:plain
小岩井牛乳はとても有名な商品なので全国的に購入出来ますが、「小岩井工場製造」と言う事でご当地ドリンクに加えていいでしょう。
成分無調整の少し濃いめの牛乳は飲みすぎ・食べすぎの胃の粘膜を優しく包んでくれた気がします(*^_^*)

流石に飲み過ぎたのでこの辺でお開き。明日に備えて休みます(;・∀・)


と言うわけで、東北旅行の1日目は盛岡競馬場でのマーキュリーカップ観戦記でした。
色々思うところはありましたが、競馬場が観客を受け入れてくれたので他県からの遠征でしたが遠慮なく入場することが出来ました。
コロナ禍で色々と制限されたり気にすることが多く大変でしたが、余計な心配をせずに自由に楽しめるかつての生活を早く取り戻して欲しいと願うばかりでした。

明日は三陸の海の幸を求めて釜石・宮古を巡って仙台へと向かいます。

*1:盛岡競馬場の入場者数の最高記録は2014年にJBC競走が行われた時の10,331人(岩手競馬場外発売所への来場者も含めると18,024 人)だそうです。

ボクのなつやすみ~夏の東北旅行0日目~

この日は仕事上がりに翌日からの連休を前に旅に出てきたので、その時のお話です。
厳しい社会情勢の中で旅に出るのは相当悩みましたが、折角の連休。
対策をバッチリ整えて旅を楽しんで来ました。

今回の旅行の目的地は東北。当初の目的は22日に仙台で行われるGIG TAKAHASHI九州女子翼が呼ばれた事から始まります。


前日には盛岡競馬場交流重賞マーキュリーCも行われます。
折角なのでこの2つの参戦を軸に東北へ旅行に行く計画を立て、休みを手配しました。

しかしながら新型コロナウイルスの感染拡大に終息が見えず、残念ながらGIG TAKAHASHI中止になってしまいました(T_T)


一方、盛岡競馬場では新型コロナウイルスの感染拡大の影響で無観客競馬が続いていましたが、7月12日の盛岡開催より観客の入場が再開されました。
3月の無観客開催以降、幾度となく旅の予定を中止・変更して来た自分は半ば諦め気味でしたが、岩手競馬がコロナ禍に於いて元通りの生活を取り戻す新たな一歩を踏み出した事に感激。
折角のチャンスなので、ココは当初の予定通り東北旅行を遂行する意思を固めたのでした。

しかしながら旅の直前で一つの問題が降りかかります。それは、政府が「Go To トラベルキャンペーン」のスタートを前倒ししたこと(;゚Д゚)

Go To キャンペーンは当初8月上旬のスタートが予定されていたので自分には関係ないと思っておりました。
がしかし、直前になってキャンペーンのスタートを7月22日に前倒しすると言う方針転換が発表されまして(;´Д`)

自分の旅の日程は少しずれているので大きな影響はありませんが、このタイミングで旅に出るのは大きな批判の対象になりそうで(~_~;)
ましてや今回の旅の目的地は現段階でまだ新型コロナウイルスの感染者が「報告なし」とされている岩手県
観戦を出さないための警戒態勢が凄そうで、このタイミングで岩手県に旅行に行くのは色んな意味で恐怖を感じていました。
けど、コロナ禍で観光業界は瀕死と聞きますし、少しでも力になりたいと言う気持ちはずっとありました。
何より、ずっと自粛自粛で我慢を重ねてきた自分もそろそろ解放されたかったのですw
勿論、こんな時に遊びに行くからには感染防止対策をバッチリ整えて旅に出る決断をしたのでした。

当日は仕事上がりでの移動。色々やってて13時ごろに退勤。その足で移動を開始します。
直通快速が行ったばかりなので列車を乗り継ぎ、東京駅へ。
東京駅15:20発の秋田新幹線こまち31号に乗り込みます。

f:id:nantokacha:20200722153834j:plainf:id:nantokacha:20200722153840j:plainf:id:nantokacha:20200722153845j:plain
朝ご飯を食べ過ぎてお腹が空かないので昼飯は船橋屋のくず餅でいいやw
f:id:nantokacha:20200722153854j:plainf:id:nantokacha:20200722153858j:plain

新幹線の中でまったりと居眠りしたりしながら、東京駅から2時間ちょっとで盛岡に到着。
f:id:nantokacha:20200722153903j:plain
北東北まで来れば涼しいのかな?と思ってたけどムッとした熱気に唖然(;゚Д゚)
マスクをして出歩くにはしんどい気温。取りあえずホテルにチェックインですね。

今回予約したのは盛岡駅西口にあるユニゾインエクスプレス盛岡。2泊で7,585円。悪くはない。

f:id:nantokacha:20200722153912j:plainf:id:nantokacha:20200722153916j:plain
f:id:nantokacha:20200722153921j:plainf:id:nantokacha:20200722153926j:plain
部屋はコンパクトで余計なものは省いて低コストを実現してる感じ。
そんなに拘りは無いので十分だけど部屋飲みしたい自分にとってはポットとコップは欲しかった所です。

チェックインして一休みしたところで要らない荷物を置いて夕飯に繰り出しましょう。
盛岡駅の西口側は店が少ないので、駅の自由通路を通って反対側の東口へ。
f:id:nantokacha:20200722153907j:plain
盛岡の繁華街はみんなこっち側なのです(*^_^*)
駅前のロータリーで明日の盛岡競馬場へのバスの乗り場と時刻を確認しつつ、
f:id:nantokacha:20200722154005j:plain
夕飯を考えます。

盛岡と言えば三大麺。流石に一人わんこそばは厳しいので冷麺かじゃじゃ麺かな。
仕事の疲れもあるのであまりうろつく気にもなれず、駅ビルのフェザンの中にあった「白龍」さんに行ってみるもコロナの影響で営業時間を短縮し18:00で既にラストオーダー(;゚Д゚)
地下街にあった「小吃店(しょうすうてん)」さんへ。
f:id:nantokacha:20200722154018j:plain
じゃじゃ麺を食べる気満々だったけど、「スープじゃじゃ麺なるものがあったのでそれにチャレンジしてみます(・∀・)

f:id:nantokacha:20200722154056j:plainf:id:nantokacha:20200722154101j:plain

近くの席のおじさんが普通のじゃじゃ麺を食べてるのに惹かれたけど、しばし待つと出てきたのがこちら。
f:id:nantokacha:20200722154107j:plain
見た目太麺を使ったラーメンみたいですが、麺はじゃじゃ麺のそれを使ってた(*´Д`)
f:id:nantokacha:20200722154112j:plain

「スッキリとした鶏ガラスープと魚介系出汁の塩味の相性が抜群」との事でしたが、確かにその通り。
薄味に感じる部分もあるけどしっかりと出汁は効いており、その分素材の味が活きると言ったところでしょうか。
じゃじゃ麺と言うとラー油や酢、おろしショウガやニンニクなどを適量混ぜて自分の好みの味にカスタマイズするのがセオリーですが、
f:id:nantokacha:20200722154116j:plain
このスープじゃじゃ麺の場合はそれはむしろ「蛇足」にも思えた。ラー油や酢を入れてみたけど入れない方がおいしかったもんw
不思議な味わいだけどコレはコレでアリ。おいしくいただきました♪

お腹も満たされたところでホテルでゆっくりしたいところ。駅の近くのマックスバリューで買い出しして、コンビニで新聞と氷買って部屋飲みの体制を整えるw
ホテルに戻ってお風呂に入り洗濯物を洗濯機に放り込んでサッパリしたところで明日の予想しながらいよいよ部屋飲み開始w
f:id:nantokacha:20200722154408j:plain
旅先でよくやってる「ご当地ハイボール選手権」を開催したいと思います(・∀・)
f:id:nantokacha:20200722154334j:plain
ハイボールなのでいつもは家からウイスキーを持参してやるんですが、最近は折角だからと酒も現地のものに拘るw
とは言っても岩手のウイスキーって思い浮かばなかったのでそれに拘らず酒を探すと焼酎を見つけましたw
と言うわけで今回のご当地ハイボール選手権は岩手県釜石市浜千鳥さん製造の「本格米焼酎 纜(ともづな)」を使用します。

f:id:nantokacha:20200722154338j:plainf:id:nantokacha:20200722154343j:plain
さて、ご当地ハイボール選手権・岩手編の1品目は岩泉町の岩泉ホールディングス株式会社さんの龍泉洞の水」
f:id:nantokacha:20200722154422j:plainf:id:nantokacha:20200722154427j:plainf:id:nantokacha:20200722154431j:plainf:id:nantokacha:20200722154436j:plain
これ、盛岡のとあるライブハウスのドリンクで使用されてましたね(・∀・) 今も使ってるのかな?
ミネラルウォーターなので・・・まぁ何の変哲もないただの「焼酎の水割り」ですw
普通においしいけど、焼酎の水割りってあまり飲まないのでトップバッターから結構効いた(;・∀・)
500mlのペットボトル1本だから普通にこのコップ3杯くらい飲むからね(^_^;)

1品目を頑張って飲み切ったところで2品目は陸前高田市(有)神田葡萄園さんの「エビス印 マスカットサイダー」

f:id:nantokacha:20200722154442j:plainf:id:nantokacha:20200722154452j:plainf:id:nantokacha:20200722154447j:plainf:id:nantokacha:20200722154456j:plain
東日本大震災で大きな被災を受けた陸前高田市で見つけておいしかったのを覚えているので久々に出会えてよかった(≧▽≦)
サッパリとしたサイダーに仄かに香るマスカットの甘酸っぱさがとても爽やかでとても美味しかった!

ご当地ハイボール選手権・岩手編の3品目は花巻市株式会社JAグリーンサービス花巻ハヤチネフーズ事業本部「岩手早池峰のむヨーグルト」

f:id:nantokacha:20200722154519j:plainf:id:nantokacha:20200722154523j:plainf:id:nantokacha:20200722154527j:plainf:id:nantokacha:20200722154533j:plain
お腹の調子を整えるためにいつもヨーグルトを食べているので、酒を割る目的以外にも普通に飲むつもりで大きなのを買ったのだ(・∀・)
かなり濃厚な味わい深いヨーグルトなので酒を割ってもアルコール分を感じないほどの濃度なのですがそれが逆に危ない(;゚Д゚)
氷で薄めながら飲むとおいしかったなぁ。

ここまで既にこのコップで6杯ほど飲んでるので結構飲みすぎ(;゚Д゚) この後に牛乳はちょっと重いのでチェイサーとしてサイダー割を作ったw
f:id:nantokacha:20200722154538j:plain
コンビニで見つけた三ツ矢サイダークラシック
f:id:nantokacha:20200722154543j:plain
こちらはご当地ドリンクではないのでハイボール選手権にはカウントしませんw

洗濯乾燥機なので洗濯が終わるまでかなり時間かかり、その間に飲み過ぎましたね(;・∀・)
仕事の疲れもあって23時頃にはしんどくなってきた。明日も早いので選択が終わり次第寝ることにしましたw

と言うわけで夏の東北旅行0日目のお話はこれにておしまい。
明日は久々の盛岡競馬参戦です。コロナ禍で色々と大変なことはあるけど、折角行くなら楽しまないとね!(≧▽≦)
感染症対策をバッチリ整え、岩手県にウイルスを持ち込まない様に細心の注意を払いながら過ごしていきたいと思います!

コロナ自粛も少しずつ緩和の方向で~一人で行く諏訪湖温泉一泊旅行~

この日から3連休でした。
前日の九州女子翼の定期公演を終えて飲んだ後知人の家に泊めていただき迎えたこの日。
折角の3連休。コロナ自粛もそろそろ良いだろうと言う事でフラッと一人旅に出ることにしました。

旅の目的地は上諏訪。温泉入ってゆっくり過ごしたいと思います。

府中に住む知人宅で迎えた朝。この夏に引っ越しされると言う事でココに来るのも最後になりそう。
最後の思い出に近所のいつみ屋さんでラーメンを食べました。

f:id:nantokacha:20200716153036j:plainf:id:nantokacha:20200716153045j:plain
府中は東京競馬場に来る以外には用事が無くなりそうなのでわざわざココに来ることもなくなりそうですね。
朝から行列のできる地元で人気のラーメン屋さん。今回もおいしくいただきました♪

さて府中を出まして、今回の旅の目的地・上諏訪へ向けて移動開始。府中本町駅から南武線で立川へ。
立川駅から特急あずさ21号に乗って上諏訪を目指します。

f:id:nantokacha:20200716153050j:plainf:id:nantokacha:20200716153104j:plainf:id:nantokacha:20200716153116j:plainf:id:nantokacha:20200716153142j:plain
昨日の女子翼の定期公演の模様を録画したのですが、新しいPCに取り込む事が出来なかったので立川駅ダイソーでUSBケーブルを調達。
f:id:nantokacha:20200716153146j:plain
ビデオカメラに付属のソフトのインストーラがビデオカメラの内臓メモリにしか入ってないんですね(^_^;)
ネット経由でダウンロードしようと思っても出来なくて。今時のデバイス付属ソフトは少々面倒だ(;´Д`)

動画を取り込み編集をしながら移動すること1時間50分。列車は上諏訪駅に到着。

f:id:nantokacha:20200716153151j:plainf:id:nantokacha:20200716153156j:plainf:id:nantokacha:20200716153201j:plain
今日は上諏訪駅から徒歩数分の所にあるルートインさんに一泊します。
f:id:nantokacha:20200716153205j:plain
チェックインの時間にはまだだいぶ早いのですが、お部屋の掃除が終わってるのでと入れていただきました♪

ツインルームに昇格して1泊朝食付き5,130円。安宿の常客である自分にしては奮発したけど十分お得でしょう(・∀・)

宿にも温泉があるのですが、折角上諏訪に来たので外の温泉も入りたい。宿の目の前にある片倉館の千人風呂に入る事にしましょう。

f:id:nantokacha:20200716153252j:plainf:id:nantokacha:20200716153310j:plainf:id:nantokacha:20200716153320j:plainf:id:nantokacha:20200716153335j:plain
映画テルマエ・ロマエⅡ」のロケ地になったと言う千人風呂。いい湯でした♪
入場の際にコロナ対策の書類を書かなきゃいけないのが面倒ではありましたが、これもコロナ禍では仕方ないのかな。

ひとっ風呂浴びてサッパリした後は部屋に戻って一休み。ゆっくり過ごすのもいいですね。

f:id:nantokacha:20200716153226j:plain
宿で1時間半ほど涼んだところで夕飯。気になるラーメン屋さんがあったので隣町の下諏訪に繰り出すことにしましょう。
上諏訪駅から中央線で一駅、下諏訪へ。上諏訪駅17:30発の電車に乗り込みます。
f:id:nantokacha:20200716153417j:plainf:id:nantokacha:20200716153518j:plain
辰野から飯田線直通のJR東海の車両でしたが、行き先が平岡のところ駒ケ根になっていました。
どうやら長野県の県南地域大雨の影響で運転を見合わせているとの事。明日の帰り大丈夫かな(;・∀・)

何はともあれ、上諏訪から6分ほどでお隣の下諏訪駅に到着。
f:id:nantokacha:20200716153551j:plain
下諏訪には諏訪大社があり、諏訪大社と言えば御柱祭。次回の開催は2022年とのことです。

f:id:nantokacha:20200716153600j:plainf:id:nantokacha:20200716153606j:plainf:id:nantokacha:20200716153614j:plainf:id:nantokacha:20200716153619j:plain
下諏訪駅に着いたら「特急あずさ50号千葉行き」の表示が見えたので思わず見送ってしまった(゜o゜)
f:id:nantokacha:20200716153342j:plainf:id:nantokacha:20200716153347j:plainf:id:nantokacha:20200716153401j:plain
以前にも乗りましたが、1日1往復だけある通称「千葉あずさ」号。上りの便にも乗ってみたいなぁ( `ー´)ノ

さて夕飯と行きましょう。下諏訪駅から徒歩数分の所にある「ハルピンラーメン」へ。

f:id:nantokacha:20200716153657j:plainf:id:nantokacha:20200716153710j:plainf:id:nantokacha:20200716153716j:plain
諏訪と言ったらハルピンラーメンが有名らしいんですよ。
f:id:nantokacha:20200716153722j:plain
昼飯もラーメンだった気がするけどw 折角なのでハルピンラーメンにから揚げをいただきます。
f:id:nantokacha:20200716153730j:plainf:id:nantokacha:20200716153736j:plain
唐辛子の辛さが苦手な自分には少し抵抗があったけど、スープは美味しかった。から揚げも美味。おいしくいただきました♪

お腹も満たされたところでホテルに戻りましょう。下諏訪駅に戻って電車で上諏訪へ。
ちょうど来たのが上諏訪行きでラッキー(*´з`)
f:id:nantokacha:20200716153820j:plain
上諏訪駅前のスーパーで買い出しして、ホテルに戻ってもう一度温泉に入ってサッパリしたところで部屋で打ち上げ。
昨日知人宅で飲まなかった1.5Lのサイダーがあるのに、信州らしいハイボールを求めてスーパーで買い出ししてしまった(ノ∀`)
f:id:nantokacha:20200716153903j:plain

信州らしいつまみを酒の肴に、ご当地ハイボール選手権・信州編を開催します\(^o^)/

f:id:nantokacha:20200716153843j:plainf:id:nantokacha:20200716153908j:plain

いつもは持ってきた安いトリスを使って飲むのですが、折角なのでお酒もご当地のものを使おうと思い、
今回使用するお酒は本坊酒造株式会社のマルスウイスキー信州」

f:id:nantokacha:20200716153913j:plainf:id:nantokacha:20200716153928j:plain
長野県唯一のウイスキー蒸溜所「マルス信州蒸溜所」の長野県限定販売ウイスキーだそうで、ご当地ウイスキーとしてピッタリ。
いつものトリスとの違いは・・・こんな飲み方じゃわからないけど←

ご当地ハイボール選手権・信州編、1杯目は長野興農株式会社の「信州まるごとりんごジュース」

f:id:nantokacha:20200716153951j:plainf:id:nantokacha:20200716153958j:plainf:id:nantokacha:20200716154012j:plain
果汁100%ストレートの甘いりんごジュースはウイスキーのアルコールを忘れさせてくれる飲みやすさ。
だからこそ危険なヤツですね(;゚Д゚)

ご当地ハイボール選手権・信州編、2杯目はマルコメ株式会社の「米糀からつくった糀甘酒」

f:id:nantokacha:20200716154510j:plainf:id:nantokacha:20200716154516j:plainf:id:nantokacha:20200716154521j:plain
甘酒はアルコール0%なのにそれを酒で割ると言う酒カスぶりですが、濃厚な甘酒の風味がウイスキーのアルコールを
何倍にもしたかのような雰囲気がありコレは酔いました(;゚Д゚) 確実にヤバいやつ。

続きまして、ご当地ハイボール選手権・信州編の3杯目は株式会社ぶらんつさんの「信州青じろう」

f:id:nantokacha:20200716154531j:plainf:id:nantokacha:20200716154539j:plain
スーパーでご当地ドリンクを探すとついついやってしまうのがこんな「ゲテモノ」(;・∀・)
健康食品に「ゲテモノ」と言うのは大変失礼ですが、これで「酒」を割ろうと言う基地外なのでw
「お茶代わりに、水、お湯、牛乳、ヨーグルトなどでおいしく飲める」と書いてありますが、まさか「ウイスキー」と飲む人が居るとは思わないでしょうねw

これ、粉末なので丸々酒で割るわけにもいかず、持ってきたサイダーを使って割りましたが…いやこれは凄かった(;゚Д゚)

f:id:nantokacha:20200716154527j:plainf:id:nantokacha:20200716154547j:plainf:id:nantokacha:20200716154551j:plain
「まずい!もう一杯!」をするならノンアルコールでいただきます←

ご当地ハイボール選手権・信州編、4杯目は信州ミルクランド株式会社の「信州発えのきドリンクヨーグルト」

f:id:nantokacha:20200716154755j:plainf:id:nantokacha:20200716154809j:plainf:id:nantokacha:20200716154823j:plain
飲むヨーグルトとしてはかなり濃厚だった印象。よく振ってフタを開けてコップに注ごうとしたけどかなり残った。
ココまで変なものを飲んできて荒れた胃を濃厚なヨーグルトが包んでくれたような気がしました(*^_^*)

ご当地ハイボール選手権、特にジュースが安価なものでも無いので意外とお金がかかるのですが、おいしいものが多いし、
その土地でしか飲めないものを見つける面白さもあるので楽しいですよね( `ー´)ノ
f:id:nantokacha:20200716154831j:plain

この後持ってきたサイダーで少し飲み直して、さすがに飲み過ぎたので日付が変わる頃には力尽きてました。
翌朝はホテルの朝食バイキングを頂いてのんびり出発。

f:id:nantokacha:20200716154836j:plainf:id:nantokacha:20200716155007j:plain

折角諏訪湖に来たので少し観光することにしましょう。諏訪湖沿いに歩いてみます。

f:id:nantokacha:20200716155013j:plainf:id:nantokacha:20200716155034j:plainf:id:nantokacha:20200716155038j:plainf:id:nantokacha:20200716155051j:plain
f:id:nantokacha:20200716155354j:plainf:id:nantokacha:20200716155359j:plain
10時過ぎだからまだ早いんだろうけど、諏訪湖の遊覧船も人が居なかったな。
f:id:nantokacha:20200716155046j:plainf:id:nantokacha:20200716155344j:plainf:id:nantokacha:20200716155349j:plain
時間が早いからか、足湯もまだ誰も居ない。
f:id:nantokacha:20200716155405j:plainf:id:nantokacha:20200716155409j:plainf:id:nantokacha:20200716155414j:plainf:id:nantokacha:20200716155420j:plain
帰りに通りかかった時はそこそこ人が居たので、まだ早かったって事でしょう。

タケヤ味噌会館に到着する直前に急に雨が降って来たので急いで入館。

f:id:nantokacha:20200716155435j:plainf:id:nantokacha:20200716155439j:plainf:id:nantokacha:20200716155444j:plainf:id:nantokacha:20200716155451j:plain
ココにある「30 BAR」で豚汁が食べられてかなり好評と言う事で楽しみにしていたのですが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で現在は営業中止(^_^;)
f:id:nantokacha:20200716155455j:plain
楽しみにしていたのに残念でした。

そして向かいの諏訪湖間欠泉センターへ。
f:id:nantokacha:20200716155425j:plain
諏訪と言えば御柱祭
f:id:nantokacha:20200716155431j:plain
次回の開催は2022年とのこと。それまでには流石にコロナ騒動が収束してると思いますが、以前の様に沢山の人が集まって盛り上がる日が早く戻る事を願うばかりです。

諏訪湖間欠泉センターは観光施設。諏訪に関するいくつかの展示があります。
2階の展示ホールには諏訪周辺で撮影された映画やドラマなどの紹介がされています。
f:id:nantokacha:20200716155509j:plain
諏訪は風光明媚な地を活かし、多数の撮影が行われています。

f:id:nantokacha:20200716155517j:plainf:id:nantokacha:20200716155554j:plainf:id:nantokacha:20200716155600j:plainf:id:nantokacha:20200716155636j:plain
昨日行った片倉館の千人風呂はテルマエ・ロマエⅡ」のロケ地になっていました。
f:id:nantokacha:20200716155525j:plain
ミュージックビデオも多数撮影されているとか。
f:id:nantokacha:20200716155642j:plainf:id:nantokacha:20200716155648j:plainf:id:nantokacha:20200716155657j:plainf:id:nantokacha:20200716155702j:plainf:id:nantokacha:20200716155708j:plain
あの映像も諏訪で撮影されてたんだなーと改めて教えてもらって驚くものもありました。

3階に上がると諏訪の花火の展示が。

f:id:nantokacha:20200716155715j:plainf:id:nantokacha:20200716155720j:plainf:id:nantokacha:20200716155726j:plainf:id:nantokacha:20200716155731j:plainf:id:nantokacha:20200716155738j:plainf:id:nantokacha:20200716155813j:plain
諏訪湖と言えば花火大会。かなり有名な大会ですが今年は残念ながら中止。来年こそは無事に開催されることを願います。

諏訪湖の間欠泉は昭和58年に突然自噴し、観光目的で間欠泉センターが建設されて多くの人で賑わったのですが、
現在は自噴は止まってしまい一定時間に人工的に噴出させています。

f:id:nantokacha:20200716155830j:plainf:id:nantokacha:20200716155818j:plain
折角なので11:00の回の噴出を見学してきました。

昔に比べると低くなったし人工的な噴出らしいのですが、それでも生で見るとなかなかの迫力でしたね( `ー´)ノ

f:id:nantokacha:20200716155836j:plainf:id:nantokacha:20200716155842j:plainf:id:nantokacha:20200716155847j:plain
のんびりとした諏訪湖での時間ももうすぐおしまい。天気が良かったらよかったのになぁ。
f:id:nantokacha:20200716155852j:plain
そろそろお帰りの時間。お土産を買って帰ります。
ホテルで荷物を回収し、上諏訪駅へ。11:33発の特急あずさ22号に乗り込みます。
f:id:nantokacha:20200716155856j:plainf:id:nantokacha:20200716155905j:plainf:id:nantokacha:20200716155911j:plain
諏訪湖で買ったお土産ですが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で観光客が激減し、賞味期限が迫ってしまったお土産が安く売られていました(^_^;)

お菓子の詰め合わせが4個で1000円
f:id:nantokacha:20200716155941j:plain
諏訪湖物語が単品で350円、高島城は賞味期限が10日までと言う事でなんと100円
f:id:nantokacha:20200716155935j:plain
これだけ買って1650円
f:id:nantokacha:20200716155945j:plain
お菓子は職場に持っていけばいくらでも食べるからね。
微々たるものですが、少しでも支援になれればと思い買ってきました。コロナウイルスによる自粛の流れはまだまだ続きますが、一日も早い収束を願うばかりです。

特急あずさ号と列車を乗り継いで無事に帰宅。家に帰ってゆっくり休んだのでした。

こんな感じで、久々にフラッと一人旅に出た休日のお話はおしまい。
コロナ禍に於いては色々と気に掛けることも多く、今までの様に自由な旅とはいきませんが、かと言って自粛ばかりでは日本経済が死んでしまいます。
自分自身が感染しない、感染を広めないと言う強い意志を持って気を付けながら、少しずつ日常を取り戻していければと思います。

折角の休日に家でじっとしていられない自分には久々に旅先でゆっくり出来ていい気分転換になりました。
まだ夏は始まったばかり。今年の夏は何もかもが無くなってしまいそうな寂しい夏になりそうですが、何かしらの楽しみを見つけて頑張りたいと思います。

Flying Trip Vol.16 『あいまいばかりの世界』(初日)@こくみん共済 coop ホール/スペース・ゼロ レポート

この日は仕事上がりに久々の現場へ足を運ぶために都内に行ってきたので、その時のお話です。
大好きだったあの子のアイドルグループ卒業後の初舞台。
コロナ禍の大変な状況ですが、足を運んでよかったと思えた、そんなステージでした。

3月30日に解散したこぶしファクトリー。5人のメンバーがそれぞれの道へと歩き出していました。
あれから2か月余り。はまちゃんこと浜浦彩乃さんが卒業後初となる舞台に出演する事が発表されました。


舞台の上演は6月24日から。その発表が6月5日。稽古は早い段階から行われていたようですが、
こんな状況なので情報解禁が遅くなってしまったのか。割とギリギリの発表に思えましたが仕方ないですね。
こぶしでははまちゃん推しだったので、彼女の解散後初のステージと言うことで顔を出そうと思いました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響でイベントは悉く中止。現場主義であちこち遊びに行ってた自分も、
3月26日の九州女子翼のリリイベ以来ライブ参戦は自粛。最後の現場も3月30日のこぶしファクトリーの解散ライブのLVでした。
あれから約3か月。止まった時計の針を動かし始めようと、腰を上げて観覧に向けて手配を始めました。

舞台は6月24日から30日まで。場所は新宿のこくみん共済 coopホール
座席の最大キャパ584席と割と大きな演劇ホールですが、コロナ禍でソーシャル・ディスタンスを守るために座席は一席ごとに空席にしてキャパを半分にして対応。
f:id:nantokacha:20200625164202j:plain
キャパは半分になったとは言え、割と大きな会場で行われる舞台にはまちゃんが出演するのはさすが元ハロプロと言ったところでしょうか。
コロナの恐怖は終わったわけではありませんが、彼女の晴れ舞台を楽しみに当日を迎えたのでした。

当日は仕事上がり。9時頃には終わってしまったので一旦帰宅。お昼を食べて出直します。
いつもの総武快速で上京して最初に降り立ったのは馬喰町。舞台の開演は19時。帰りが遅くなりそうだったので宿に泊まる事にしました。

馬喰町と言えばいつも定宿にしていた「トレインホステル 北斗星さん。安く泊まれる事もあってお気に入りだったのですが、
新型コロナウイルス感染拡大の影響でしばらくの間臨時休業に追い込まれていました(>_<)

f:id:nantokacha:20200625100548j:plainf:id:nantokacha:20200625100558j:plain
北斗星さんではこの非常事態に営業存続を図るべく「未来の宿泊券」という形で寄付を募っています。
自分もささやかながら寄付をさせてもらいました。この宿が気になるという方、可能でしたら応援してあげてください。

定宿には泊まれなかったのですが、アパホテル「新型コロナウイルスに負けるなキャンペーン」と称し1泊2500円と言う破格で宿を提供(゜o゜)
CM等で気になってたので一度は利用したいなと思って探してみたら、同じ馬喰町にあるアパホテル2500円で宿泊予約できる事が判明。
というわけで今晩の宿はアパホテルになりました(≧▽≦)

f:id:nantokacha:20200625100608j:plainf:id:nantokacha:20200625100618j:plain
元々は平日でも6000円以上するらしいアパホテルに2500円で泊まれるとかめっちゃお得ですね(*´з`)

あ、"相方"を連れてくるのを忘れたのが痛恨の極みでしたがやむなし(^_^;)
f:id:nantokacha:20200625100628j:plain
15時にチェックインしてしばらくゆっくりした後、ボチボチと新宿へ向かいました。

イヤホンが壊れたので購入して、代々木まで歩いて夕飯。この辺では有名だと言うらすたさんに行ってみました。
f:id:nantokacha:20200625100638j:plain
中途半端な時間だったからかお客さんはおらず。ビックリしたけど人気メニューと言うらすた麺を大盛りで注文しました。

f:id:nantokacha:20200625100647j:plainf:id:nantokacha:20200625100657j:plain
まぁいわゆる家系らしいのですが、「地鶏と黒豚のスープ」との事で家系特有の匂いのクセは無く、濃厚と言うよりはサッパリ塩辛めに感じました。
この辺は好みの問題だけど自分的にはまずまず。おいしくいただきました。

お腹も満たされたところで歩いて会場へ。こくみん共済 coopホールに到着。
f:id:nantokacha:20200625100707j:plain
久々に来たら会場名が変わってた。前に来たときは全労済ホールだったw
まぁ会場名の変更と言うよりは全労済の愛称が変わった関係らしいですが。

今回のチケットは10列。一週間前に予約してこの位置ならまずまずじゃないかな。
f:id:nantokacha:20200625100808j:plain
千秋楽はさすがにチケットも残りわずかだったみたいですが、ほかの公演はまだまだ買えるみたい。
ハロプロの舞台だと初日なんかは落選祭りだし、特に娘。の舞台はFC申込の段階でほぼ全公演が完売しちゃうくらいの人気ぶり。
出演者的には結構有名どころらしいので、コロナ禍で「会場に足を運びづらい」状況なのも大きいのでしょう。

コロナ禍での公演参加が初めての体験なので会場の受付などがどのようなシステムなのかよくわかってなかったのですが、
入口で手指を消毒し、チケットは係員に提示し確認してもらった後に入場者自身がもぎって箱に入れるシステム。
そして「入場者確認書」に署名し提出。クラスター発生の時の連絡等に使用されます。
色々と面倒だけど仕方ないですね。今まで通りにスムーズに入場出来る様になる日が早く帰ってきて欲しいと思いました。

ロビーで物販があったので折角だからはまちゃんのクリアファイルと生写真を購入。

f:id:nantokacha:20200625100719j:plainf:id:nantokacha:20200625100728j:plainf:id:nantokacha:20200625100739j:plain
出演者は男性俳優が多いので客層もおのずと女性が多い。混じってた男、特におっさんはほぼほぼはまちゃん目当てのハロヲタでしょうw

事前情報の通り、座席は1席ごとに使用不可になっており、こんな案内が。
f:id:nantokacha:20200625100750j:plain
こんなことせずに一人でも多くの人が入場できるようになるのが望ましいですが、コロナ禍で出来る目一杯の対応でしょう。

舞台は定刻の19時を少し回った頃に開演。
ネタバレ防止のため内容はここでは触れませんが、ヤクザの世界の刹那を描いた作品。
そこに今回の新型コロナウイルスの状況を織り交ぜ、時に風刺で客席を和ませながら展開されていきます。
「ソーシャル・ディスタンス」「濃厚接触」「フェイスガード」「マスク」なんてのはコロナ禍ならではの演出でしょう。

上演時間は2時間弱。舞台としては少し短い気もしますが、これもコロナ禍で許される最大時間なのでしょう。
短編舞台ながらコンパクトな脚本にまとめられていて、ストーリーも素人の自分にもわかりやすい内容で物語がスッと理解できました。

はまちゃん目当ての推し目線での感想としてはなかなかいい役をもらってるなぁという印象。
他の俳優さん達に比べてしまうと声量が少し弱いのが気になったかな。
本業ではないとは言え、ハロプロ時代の経験があるはずなので、そこは負けないで欲しいかなぁと期待を込めて。
今後、舞台俳優としての活路を見出すならば課題になっていくのかなぁと素人ながらに感じました。

終演後のカーテンコールで出演者が一同に会すると、嬉しさのあまり目が輝く人も。
「お客さんの前で演劇を行う」と言う、今までだったら当たり前の姿がコロナウイルスによって制限され、
自宅待機と言う退屈な時間を過ごすだけの日々が続いたもどかしさ。
この大変な状況下で、思い切って観客を入れての演劇。
主演を務めた宇野結也さんの言葉「遂に演劇が息を吹き返す日がきました。」に観客の自分もグッと来ました。

新型コロナウイルスの感染拡大により公演の自粛・中止になって以降、これだけの観客を入れての舞台は今回が初めてだと言う。
緊急事態宣言の解除により、動画配信サービスを利用したライブや演劇などのステージを「配信」で行う動きは徐々に戻りつつあります。
しかしながら現場至上主義の自分にとって、正直、配信でのライブは物足りないんですよね。
立場は違えど、それは出演者の側も同じように感じる部分もあるんじゃないでしょうか。

出演者によってステージから届けられるパフォーマンスに対して、観客が客席からコールや拍手などの「レスポンス」を行う。
それが「ライブ」と言うものであり、音楽であろうが演劇であろうが同じだと思うんですよね。
今まで「当たり前」の様に出来ていた出演者と観客の「キャッチボール」に制限が加えられ、思うように出来なくなってしまった。
こういう事態だから仕方ないけど、どこかやるせないもどかしさ。煮え切れない感情は出演者も同じなはず。

様々な制限が加わり、条件付きで許されている劇場での観覧。
それでも、お客さんの前で直接パフォーマンスができること。この喜びを全身で表現した出演者。
その「当たり前」の事が久しぶりに出来た。その嬉しさに、出演者全員の目は輝いていたように感じました。
客席側にはまだまだ制約が多く、今まで通りに「自由に楽しむ」にはまだまだ時間がかかりそうですが、元の日々を取り戻すための一歩を着実に踏み出した。
それが嬉しかったなぁ。

舞台の内容もよく、何より「生」のステージを見られた嬉しさを感じながら帰路へに着きました。
ホテルに帰って風呂に入ってサッパリしたところで打ち上げ。
f:id:nantokacha:20200625100758j:plain
家で晩酌をしないわけではないですが、こうして飲むのも久々だなぁ。
参加した現場の思い出を振り返りながら飲む酒は格別ですね(≧▽≦)

以上、久々の現場復帰のお話はおしまい。
3か月ぶりの現場は同じく3か月ぶりにステージに立ったあの子の姿を見に行きましたが、元気そうで何より。
舞台は30日まで続くそうです。体調に気を付けて頑張ってほしいものです。

隣の駅までの片道切符を握りしめて千葉県一周の旅に出よう!~大回り乗車の旅~

この日は自分的3連休の最終日でした。
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で緊急事態宣言まで発令され、ようやく感染の拡大が落ち着き、緊急事態宣言解除
しかしながらまだまだ東京を中心とした関東圏では感染が「収束」したわけではなく、様々な制約と向き合いながら日常生活を取り戻そうと呼びかけられた6月。
19日までは「県を跨ぐ移動は極力制限してほしい」との呼びかけもあり、都内をはじめ各地でのイベントやライブもまだまだ再開できる状況ではなく。
いい天気だし、家に籠ってばかりはもう飽きてしまったので久々に「旅」に出る計画を立てました。

「県を跨ぐ移動の制限」という知事の要請を遵守し、考えたのが大回り乗車の旅」
鉄ヲタの間で大回り乗車と呼ばれる鉄道の旅。
これはJRの旅客営業規則をうまく利用した「格安の移動手段」になります。

JR各社の旅客営業規則には以下のような特例があります。

<大都市近郊区間内のみをご利用になる場合の特例>
・図のそれぞれの大都市近郊区間内のみを普通乗車券または回数乗車券でご利用になる場合は、実際にご乗車になる経路にかかわらず、最も安くなる経路で計算した運賃で乗車することができます。
・重複しない限り乗車経路は自由に選べますが、途中下車はできません。途中で下車される場合は、実際に乗車された区間の運賃と比較して不足している場合はその差額をいただきます。
f:id:nantokacha:20200611102132g:plain

今回は大都市近郊区間のうち東京近郊区間のみを抜粋しました。この特例、簡単に言えば、


 ・この地図からはみ出ない
 ・同じ経路および同じ駅を通らない
 ・途中下車をしない

という条件を守れば乗車経路は自由に選べるというもの。つまりはどれだけ大回りをしてもいいと言うことです。
ただしそんなに甘い話はありません。乗車経路は自由に選べるとはいえ、途中下車が出来ないので改札を出て街に繰り出す事は出来ません。
出発駅から到着駅まで複数のルートが存在し、利用者も多い大都市近郊区間ではルートの特定・ルート毎の運賃の計算などが煩雑なので、
この特例は合理的なルールと言えるのでしょう。

また、大都市近郊区間相互発着の乗車券は有効期限が1日。片道100km未満の近距離乗車券は元々が有効期限1日ですが、
当然「日帰り旅行」に限定され、始発から終電までに切符に書かれた到着駅にたどり着かなければなりません。

この大都市近郊区間東京近郊区間の場合はSuicaの普及によってどんどんと拡大されていきました。
我が千葉県では2009年3月にSuicaエリア拡大*1によって千葉県全域のJR線が東京近郊区間に含まれることになりました。

大回り乗車の旅」は制約は多く、ルートをうまく選ばないと乗車経路の実際のの運賃が発生したり場合によっては不正乗車になったりと、
きちんとルールを理解して行わないと面倒なことになりますが、格安の運賃で長距離を移動し、道中の旅を楽しむ事が出来ることから、
鉄ヲタの間で人気の企画となっているのです。
自分も一度はこんな旅をしてみたいなと思っており、今回はそれを実行してみることにした、というわけです。

今回自分が設定したのは出発駅を木更津駅、到着駅をお隣の君津駅とし、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から「千葉県から出ない」と言うルールを設け、その上で出来るだけ遠くまで行くルートを選定しました。
地図上に描いてみるとこんな感じ。
f:id:nantokacha:20200616125457j:plain
見づらいですが、黒線で塗ったのが今回のルート。
木更津から内房線で千葉に出て、総武線西船橋へ。武蔵野線で新松戸に出て、常磐線我孫子へ。
成田線で成田を経由して松岸を回り、総武本線で成東へ。
東金線で大網に出て、外房線安房鴨川へ。そして内房線をぐるっと回って君津に戻ってくると言うルートです。
千葉県内から出ない範囲で最長ルート*2と言える379.5kmの長旅ですが、途中下車をしなければ最短ルートの運賃で乗車できるのです♪
f:id:nantokacha:20200616130718j:plain
10時間以上電車に乗り続けるだけになりそうな旅ですが、コロナの自粛で退屈してる自分にとってはいい気分転換になりそう。
片道切符を握りしめ、旅に出たいと思います。

旅のスタート地点は木更津駅。用意したのは木更津→君津間の片道切符です。

f:id:nantokacha:20200611095146j:plainf:id:nantokacha:20200611095131j:plain
木更津~君津間は1駅。下り電車に乗れば7分で到着するのですが、それでは大回り乗車にならないので、上り電車に乗り込みますw
木更津駅7:17発の内房線普通列車千葉行き大回り乗車の旅」のスタート!
f:id:nantokacha:20200611095159j:plainf:id:nantokacha:20200611095210j:plain
木更津→君津の切符を持ってるのに「次は巌根とな。でもこれも今のところはルール上OKなのです(*´з`)

まずは武蔵野線に乗り換えて新松戸を目指すのですが、通常なら蘇我から京葉線に乗り換えて南船橋から武蔵野線に乗り換えるのがベスト。
しかし調べてみたらこの時間は京葉線武蔵野線の乗り継ぎがよくなく、総武線経由で西船橋へ出た方がワンチャン早そう。
という訳で総武線経由を選択。蘇我駅外房線からの総武快速が先に出るので7:53発の総武線快速逗子行きに乗り換えました。
f:id:nantokacha:20200611095239j:plain
総武快速西船橋には止まらないので船橋で各駅停車に乗り換え。乗り換え1分をこなせたら西船橋での乗り換えに余裕が出来るので頑張ったら見事成功!
8:18発の総武線各駅停車三鷹行きに飛び乗って西船橋へ。

f:id:nantokacha:20200611095251j:plainf:id:nantokacha:20200611095301j:plain
これで西船橋での乗り換え時間に8分の余裕が出来ました\(^o^)/ 間に合わなかったら3分だったので微妙なのよね(^_^;)
西船橋から8:29発の武蔵野線府中本町行きに乗り換えます。
f:id:nantokacha:20200611095311j:plain
ちなみに京葉線ルートで来たらこの1本後の武蔵野線になったので、頑張った甲斐がありました(・∀・)
西船橋から武蔵野線で15分。新松戸へ。ここでまた1分ダッシュかまし常磐線各駅停車に飛び乗る。
f:id:nantokacha:20200611095321j:plain
そんなに急ぐ旅でもないんですが、我孫子駅で時間を作りたかったので頑張って巻き巻き。8:58に我孫子に到着しました!
f:id:nantokacha:20200611095331j:plain
ちなみに乗り換え案内の通りに乗り換えたら我孫子到着は9:10。12分巻いたわ(;゚Д゚)
常に綱渡り人生の茶さん。足は遅いけど乗り換えは早いのだ( `ー´)ノ

さて急いで我孫子に来た理由は弥生軒から揚げそばを食べたかったからw
我孫子駅と言えば有名な立ち食いグルメで、途中下車出来ない今回の大回り乗車の楽しみの一つでした。
我孫子駅にはホームが4本あり、弥生軒はホームで3店舗営業しています。
しかしながら新型コロナウイルスの影響でそのうち2店舗は臨時休業。この日営業していたのは常磐線(快速)の下りホームにある6号店のみでした。
f:id:nantokacha:20200611095337j:plain
その影響か6号店はそこそこ混んでいました(^_^;) あまり混んでる場所には行きたくないですが、ここまで来てから揚げそばを回避するのもいやなので。
早速から揚げそばを2個注文しました。

f:id:nantokacha:20200611095344j:plainf:id:nantokacha:20200611095352j:plain
ここのから揚げのボリュームは相変わらずすごいですね(゜o゜) 朝ご飯食べてなかったのでおいしくいただきました♪

お腹も満たされたところで旅を続けます。千葉県を出ないように、我孫子から成田線に乗り換えます。
予定では我孫子駅9:47発の電車に乗るとこの先の接続がいいのですが、一本早い9:17発の成田線成田行きに間に合いました。

f:id:nantokacha:20200611095415j:plainf:id:nantokacha:20200611095422j:plainf:id:nantokacha:20200611095429j:plain
久々の我孫子線で我孫子駅を出発!

我孫子からしばらくは住宅街を進みますが、20分ほど走ればのどかな田園風景が見えてきます。

f:id:nantokacha:20200611095435j:plainf:id:nantokacha:20200611095457j:plain
利根川に近づく築堤や印旛沼の近くの干潟など、ベイエリアを行き来しててもまず見られない風景に「千葉県って広いなぁ」と思わされつつ、
我孫子駅から40分ほどで列車は終点の成田駅に到着しました。
f:id:nantokacha:20200611095505j:plain
ここからは成田線の下り列車に乗り換えてさらに東を目指します。
f:id:nantokacha:20200611095534j:plainf:id:nantokacha:20200611095523j:plain
次の成田線は10:41発。40分以上の待ち時間があります。
成田駅は大きな駅なので改札を出なくても何かしら暇をつぶす店とかはあるだろう…と思っていましたが、カフェも何もない(;゚Д゚)
駅のコンビニNewDaysすら改札の外(;´Д`)
f:id:nantokacha:20200611095546j:plain
カフェかどこかで時間をつぶそうと早めに移動したのにガッカリ…。外はそこまで暑くなかったのでホームのベンチで待ちました。

列車を待つこと30分。ようやく列車が到着。成田駅10:41発の成田線普通列車銚子行きに乗り込みます。

f:id:nantokacha:20200611095556j:plainf:id:nantokacha:20200611095605j:plain
これで松岸まで行って、総武本線に乗り換える算段。銚子までは行けないのでね。
こんな切符持って成田から銚子行きに乗ってるとか普通に考えたらおかしな話ですが、これもルール上は「合法」なのです(・∀・)
f:id:nantokacha:20200611095617j:plain

という訳で引き続き成田線に揺られて銚子方面へ。のどかな田園風景が続きます。

f:id:nantokacha:20200611095627j:plainf:id:nantokacha:20200611095633j:plainf:id:nantokacha:20200611095641j:plainf:id:nantokacha:20200611095648j:plain
ホームの待合室ものどかな雰囲気。
f:id:nantokacha:20200611095656j:plain
時々近づく利根川の築堤。
f:id:nantokacha:20200611095708j:plain
川の流れこそ見えませんが、水量の一級河川。築堤も大きなものですね。

成田駅を出て1時間10分ほどで列車は松岸駅へ。松岸駅到着の際は総武本線の特急しおさい号とほぼ同時に進入!(゜o゜)
f:id:nantokacha:20200611095726j:plain
田舎線区なので単線ではありますが、総武本線成田線の分岐駅ではあるので、同方向に列車が同時進入することは無くはないのですね。
松岸駅からは総武本線の上り列車に乗り換え。

f:id:nantokacha:20200611095734j:plainf:id:nantokacha:20200611095742j:plainf:id:nantokacha:20200611095748j:plain
総武本線の上り列車とは5分乗り換え。ちょうどいい感じです。
ここが今回の旅で一番遠い地点になるのかな?松岸駅11:58発の総武本線普通列車千葉行きに乗り換えて旅を続けます。

しかし、こんな切符を持って総武本線の上り列車に乗ってるとかなかなかにアレですが、これも規則には反してないのです(・∀・)
f:id:nantokacha:20200611095755j:plain
松岸駅から総武本線に揺られて47分。列車は成東に到着。
f:id:nantokacha:20200611095803j:plain
大回り乗車を続けるにはここで東金線経由で外房線に出なければなりません。
成東駅での乗り換えは3分。ここもタイト。成東駅12:48発の(外房線直通)東金線普通列車千葉行きに乗り換えます。0番線がある駅って珍しいよね(*^_^*)

f:id:nantokacha:20200611095812j:plainf:id:nantokacha:20200611095824j:plain

東金線に乗るのは久々でしたが、昔よりも家が増えた印象(゜o゜)
のどかな田園風景は残っていたものの、宅地として開発されつつもあるのだなと思いました。
成東から東金線に揺られること17分。列車は大網駅に到着。
f:id:nantokacha:20200611095832j:plain
ここからは外房線に乗り換えです。次の外房線は13:37発。30分近い待ち時間。
しかし大網駅改札内に何もない…(;´・ω・) そろそろお腹減ってきたんですが、食べ物を買う事が出来ず(~_~;)
ボーッと列車を待って、ようやく出発時間。大網駅13:37発の外房線普通列車安房鴨川行きに乗って今度は房総半島を南下します。

f:id:nantokacha:20200611095858j:plainf:id:nantokacha:20200611095908j:plain

乗車の普通列車は途中の茂原駅特急に抜かれます。急ぐ旅ではないのでそのまま行きましょう。

大網駅を出て50分ほどで列車は浪花駅に到着。ここで上り列車と行き違い。のどかな田舎の駅です。

f:id:nantokacha:20200611100022j:plainf:id:nantokacha:20200611100033j:plain
そして14:43には勝浦駅に到着。ここまで来るとほぼすべての乗客が降りていきましたw
f:id:nantokacha:20200611100041j:plainf:id:nantokacha:20200611100048j:plain

6両編成で数人しか乗ってない外房線はさらに南下。勝浦から先に行くと間近に海が見えてきます(*^▽^*)

f:id:nantokacha:20200611100055j:plainf:id:nantokacha:20200611100102j:plainf:id:nantokacha:20200611100111j:plain
行川アイランド駅。駅名の通りのレジャー施設があったのですが、今は廃墟になっています。
f:id:nantokacha:20200611100118j:plainf:id:nantokacha:20200611100125j:plain
ここは「勝浦シーサイドパークリゾート」として再開発が予定されているみたいですが、新型コロナウイルスの影響による不景気でどうなることやら。

列車は安房小湊駅に到着。新宿わかしお号で使ってる車両が昼休みしてましたw
f:id:nantokacha:20200611100132j:plain
そして安房天津駅を出発し、
f:id:nantokacha:20200611100139j:plain
次はいよいよ終点の安房鴨川駅。車窓に鴨川のビーチが見えてきます。

f:id:nantokacha:20200611100146j:plainf:id:nantokacha:20200611100153j:plain
そして大網駅から1時間32分で終点の安房鴨川駅に到着しました!
f:id:nantokacha:20200611100201j:plain

ここからは内房線。乗り換え2分とまたタイト。15:16発の内房線普通列車館山行きに乗り換えます。

f:id:nantokacha:20200611100211j:plainf:id:nantokacha:20200611100221j:plain
路線名は「内房線」ですが、安房鴨川から千倉辺りまでは太平洋側を進みます。引き続き車窓には海が見えます。
f:id:nantokacha:20200611100228j:plainf:id:nantokacha:20200611100236j:plainf:id:nantokacha:20200611100243j:plain
天気もいいので、青空と太平洋の青い海がキレイでした(*^▽^*)

和田浦駅前にはシロナガスクジラの骨の標本が目立つ道の駅「和田浦 WA・O!」があります。
が、木が生い茂って標本はうまく写らなかった(^_^;)

f:id:nantokacha:20200611100300j:plainf:id:nantokacha:20200611100252j:plain
引き続き、車窓には風光明媚な海沿いの景色が見えて、旅気分を満喫(*^▽^*)
f:id:nantokacha:20200611100306j:plainf:id:nantokacha:20200611100315j:plainf:id:nantokacha:20200611100322j:plain
安房鴨川駅から41分。列車は終点の館山駅に到着。
f:id:nantokacha:20200611100329j:plain
ここからは土日だけ運転されている特急新宿さざなみ4号に乗り換えます。
f:id:nantokacha:20200611100339j:plain
大回り乗車の最中ですが、実際に乗車する区間特急券を買えば特急列車に乗車することも可能なのです(・∀・)
f:id:nantokacha:20200611100351j:plain*3
乗車券の区間特急券区間がちぐはぐだけど問題なし(*´з`)

日が落ち始めた内房の風景を堪能しながら北上。

f:id:nantokacha:20200611100401j:plainf:id:nantokacha:20200611100410j:plain
館山駅から特急列車に揺られること47分。ついにゴールの君津駅に到着しました!
f:id:nantokacha:20200611100419j:plain
7:17に木更津を出て9時間半・379.5kmに及ぶ長旅はこれにて終了です。
折角だからこの切符は記念にもらっていきましょう♪
f:id:nantokacha:20200611100431j:plain
これだけ電車を乗り回してもたった200円で済みました。道中で一切改札を出てないので不正乗車じゃないですよ(・∀・)
まぁ、最後に特急乗っちゃったので特急券520円が追加でかかりましたがw

こんな感じで、コロナ禍でいろいろ制限されている中、今許される最大限の旅を考えた結果、今回は「JR線大回り乗車の旅」で千葉県をほぼ一周して来たのでした。
千葉県から一歩も出てないのに端から端まで鉄道で一周したら380km近く移動したとか、改めてみると千葉県は広いっすなw

鉄道ファンや一部の旅好きの間で実行されている「大回り乗車の旅」。
「改札を出られない」「同じルートは通れない」などと条件はありますが、しっかりとルートを選定して条件を守れば初乗り運賃でとんでもなく遠くまで出かけることができて、車窓の風景や駅のグルメ等を堪能することもできるので、旅を満喫することができます。
皆さんもお時間があるときに一度チャレンジしてみてはいかがですか?

*1:このブログを書いた2020年6月現在、久留里線のみSuicaエリアには入っていません。

*2:厳密に言えば、木更津→君津間で千葉県内最長の大回り乗車蘇我市川塩浜西船橋・新松戸・我孫子・成田・松岸・成東・大網・安房鴨川を経由するルートで387.8kmとなります。

*3:ちなみにこの切符は旅を計画した段階で仕事帰りにあらかじめ買っておいたものです。